Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

福岡市井槌病院で無痛分娩した体験談





無痛分娩出産をした病院を教えてください。

病院名:井槌病院
住所: 福岡県福岡市中央区薬院4-15-6
電話番号:092-521-2355
サイト:http://www.izuchi-hospital.gr.jp/

井槌病院の 無痛分娩出産の費用を教えてください。

普通分娩の料金+50000円ほどだったと思います

井槌病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

私が無痛分娩を行なった病院では、普通分娩と同じように破水もしくは陣痛が10分間隔になったら産院に連絡をし、入院する形でした。

病院に到着し、診察してもらうと破水もしていたので即入院となりました。子宮口はあまり開いておらず、結構時間がかかりそうとのことでしたが、すぐに硬膜外麻酔のための管を入れてもらい、痛み止めを流してもらいました。まだ耐えられるほどの陣痛でしたが、痛み止めを入れてもらうと本当に楽になり、違和感があるという位で、会話をしたり食事を取ったりも普通にできました。数時間で痛み止めは切れるので、そのつど陣痛は感じましたが、すぐに痛み止めを流して貰えました。

子宮口がなかなか開かず時間がかかったので、ここで痛みなく体力温存できたのは良かったと思います。

少しずつ子宮口も開いてきて病室から分娩室に移動しました。硬膜外麻酔を行うと飲み物が飲めないので、移動する前に喉を潤しておけばよかったと思いました。まだ出産も始まっていないのに、喉がカラカラで辛かったです。

浣腸後トイレに行き、そして、麻酔を硬膜外の管から入れて貰うと下半身の感覚がなくなりました。助産師さんが、感覚がなくなったかをきちんと確認していました。

ここまでで入院してから20時間近くたっていたので、睡眠不足のせいか、麻酔が効いてから緊張が解けたのか急に眠たく、ウトウトしてしまいました。それが原因かはわかりませんが、陣痛が遠のき5時間ほどはウトウトの繰り返しでした。

よく無痛分娩だと陣痛が遠のきやすいと聞きますが、こういうことだったのかな?と思いました。時間はかかりますが、痛みはないので耐えられないというようなことは全くなかったです。

破水もしており、ここまでにとても時間がかかっていたので、促進剤を追加することになりました。同意書にサインをし、促進剤を打ってもらうと、たちまちズーンとしか感じがしました。

痛みこそありませんが、きっとこれが陣痛MAXの感じなんだろうな、うわーきたきた、そんな風に思っていました。冷静にこんな風に思えたのも、硬膜外麻酔のお陰だと思います。普通分娩なら私は、暴れ叫んでいる最中のはずです。

それからは、助産師さんもびっくりするほどスムーズで、いきむ練習をしながら、赤ちゃんが降りて来るのを待ちました。痛みがないので助産師さんの言うこともきちんと聞けますし、会話もできました。

数回、いきんだところで赤ちゃんが出てきました。そのあとは、先生がへその緒を切ってくれたり、後産の処置をしてくださいました。それも麻酔が効いていたので、じっとしていたら終わったという感じです。

初めて赤ちゃんを抱っこした時は、感動とこの子が私のお腹にいたんだ、と不思議な気持ちでした。

その後すぐに、実母が分娩室に入ってきましたが、私の穏やかな顔に驚いていました。凄いね〜無痛分娩!普通なら、汗まみれのぐちゃぐちゃよ!と。一応、必死で産んだんですが、出産直後とは思えなかったようです。

よく、出産の痛みがトラウマで、次の子授かる勇気がない、と言われるのを聞きますが、私は分娩台の上で、次もいけるかも〜(無痛分娩に限る)と思ったくらいです。

回復も早く、その日のうちに立ち上がることもできました。

皆様に無痛分娩をお勧めしたいです。
今は、お産をする病院も減っており、大変かと思いますが、もっと無痛分娩できる病院が増えたらいいなと思いました。





このページの先頭へ