Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

山口県光市のみちがみ病院で無痛分娩した体験談





無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:みちがみ病院
住所:山口県光市光ヶ丘2-5
電話番号:0833-72-3332
サイト:https://michigami.or.jp/info/

みちがみ病院の 無痛分娩の費用を教えてください。

5万

みちがみ病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は無痛分娩で出産しました。

私の出産は破水からはじまりました。
病院に行き、診察を受けたところ前期破水と言われすぐに入院することになりました。

担当の医師から、「明日まで陣痛が来るのを待って来なかったら促進剤を使おうね。」と言われその時は無痛分娩をしようなんて考えていませんでした。

次の日になっても陣痛はこず、いよいよ促進剤を使っての出産になりました。
促進剤を使う日の朝、錠剤タイプの促進剤を数回にわけて飲み、昼から点滴の促進剤を使い始めました。

だんだん痛みが増していく中、分娩室へ移動しましたが、助産師から「まだまだ産まれないね〜」の一言。

夕方になって痛みも増してきて、そろそろ産まれるだろうと思っていましたが、「全然微弱陣痛だね〜。これじゃあまだ産まれないよ」と言われてしまいました。

これ以上の痛みは我慢できない!と思い、無痛分娩での出産に急遽切り替えてくださいとお願いをしたとそろ、今日はうちきり、次の日仕切り直そうとのこと。

促進剤の投与を辞めても治らない腹痛。
眠ることすら困難で、体力が無くなるばかりでした。

看護師さんに泣きながら、これ以上は無理です。と訴えたところ、「無痛分娩にする?麻酔打ったらもう分娩台から動けないけど大丈夫?」と聞かれ、迷わずうなずき、夜中に無痛分娩に切り替えました。

麻酔を打つ姿勢は、頭と膝をくっつけるように背中を丸め、背中に針を刺されました。

この時に「針が刺さっても動いたらダメだよ。動いたら刺し直しになっちゃうからね」と言われ針が見えない分少し恐怖はありましたが、お腹の痛みと比べると乗り越えられるものでした。

麻酔の効果はすぐに感じられました。
スーッと麻酔が入っていくのがわかり、すぐにお腹の痛みが無くなりました。

すごく楽になり、明日の分娩の為に寝ることもできました。
ただ、麻酔が切れるのが早く、数時間おきに腹痛で目が覚めその度にナースコールを押し麻酔を追加してもらいました。

麻酔の追加を入れる際は15分か30分程時間を空けなくてはならないそうです。

次の日も朝から促進剤を使いましたが、昨日より早い間隔でどんどん増していく腹痛。
麻酔が切れるたびに追加してもらいました。

朝の段階で、「子宮口がまだそんなに開いてないから夕方迄に産まれたらいいね!」と看護師さんに言われ絶望したのを思い出します。

昼前になると促進剤の方が強く働いていたのか、麻酔を追加しても麻酔の効果はほぼ無くなり、ただただお腹の痛みに耐えていました。

結果昼頃に助産師さんが子宮口を全開に広げてくれて、担当の医師もきて、いきんでいいよと指示をもらい、出産しました。

会陰切開をし、吸引分娩で産まれてきました。
最後の方は麻酔の効きは感じられず、促進剤が強く働いていた感じがします。

促進剤を使用していない間(夜)麻酔の効きは絶大でした。

促進剤を使用した無痛分娩の場合は、全然無痛じゃありませんでした。
しかし、無痛分娩を選んでなかったらもっと痛みが強かったと思うた今でもゾッとします。





このページの先頭へ