Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

埼玉県所沢市瀬戸病院で計画無痛分娩した体験談 完全無痛でした!





病院名:瀬戸病院
住所:〒359-1128 埼玉県所沢市金山町8−6   
電話番号:0429-22-0221
サイト:http://www.seto-hospital.or.jp/index.html

瀬戸病院の無痛分娩出産の費用を教えてください。

普通分娩より108000円プラス

瀬戸病院で無痛分娩の体験談

私はイギリス人との国際結婚での妊娠だった為
赤ちゃんは、日本人どおしの子供よりは
大きく生まれる可能性が高かったのです。

それに加えて、私本人は痛みに弱いので無痛分娩を希望しました。

私がお世話になった、所沢市にあります瀬戸病院は陣痛が始まってからの無痛分娩も扱ってるようですがあらかじめ検診の段階で、無痛分娩を決めてしまえば麻酔科の先生の予定で計画分娩で無痛分娩を予約をします。

そうしますと、産む予定の日を決めて前日に入院をしましす。
そこで、背中の脊髄にカテーテルを通しましてそこから、麻酔科の先生の指導で麻酔を流します。

もちろん陣痛がきてからの無痛なので陣痛促進剤で陣痛を起こしてその痛みを、背中のカテーテルから麻酔をショットで流してでの無痛になります。

陣痛事態は、グラフを見てどのくらいの大きさ、そして感覚できているのかを把握します。

陣痛送信剤での陣痛は生理痛のような痛みです。
お腹の下、下腹部がイタタタって感じでした。

最初は少量の麻酔なので助産婦さんが、お痛みが強かったら教えて下さいって言ってくれます。

痛みが感じないのでグラフで確認しつつ、赤ちゃんが下りてきてるかはお腹の上から触ってみたりしてチェックします。
子宮口が開いているかは触ったり、見たりして確認しつつ生まれるタイミング待ちって感じです。

計画分娩は、赤ちゃんの出てきたいタイミングではないので必ずしもその日に生まれる保証はありません。

私自身も、小さく出したいので37週目1日で計画しましたが陣痛促進剤を毎日使っても3日目での出産でした。
毎日分娩台にのり、陣痛を起こしてでの赤ちゃん出てくるの待ちは、なかなか辛かったです。

陣痛3日、無痛だから体力は消耗しませんが背中とか床ずれのように、辛いですね。
後は、麻酔入れてる間は食事もお水おダメだったので朝6時くらいから4時半までトライした後はお腹ペコペコでした。

おそらく、私は普通の方より
長くかかったから、その空腹や三日間が辛かったのかと思います。

本題の無痛具合はと言いますと完璧に無痛です。

陣痛グラフを見て陣痛の波を確かめる感じです。痛み0パーセントです。
少し痛みを感じるなと思ってきたら助産婦さんに言うと、麻酔科の先生が来てくれて背中のカテーテルから、麻酔ショットを打ってくれます。
脊髄にツーっと冷たい液体を感じるとすぐに、その下腹部と腰のあたりに感じていた痛みはなくなります。

赤ちゃんが下りてきて子宮口がマックスまで開くと陣痛グラフも、かなり大きくふれていて感覚も短くなってきました。

ベッドが分娩台に変身するタイプのベッドだったので、子宮口マックスで、赤ちゃんも出てくる準備が出来てる感じになってる事がわかると先生を助産婦さんたちが出産準備にはいります。

陣痛が全く感じないのでグラフを見て、マックスに線が振り切ってる時におへそを見て、腹筋する感じで”いきみ”ます。
いきみ は今でもわからないままですが、このグラフの線が大きく振り切ってる時にお腹に力を入れるを繰り返す事で赤ちゃんは生まれました。

本当に赤ちゃんが出てきて”おぎゃー”と泣くまで無音でした。
息を吐きながらおへそ見る の繰り返しだけで赤ちゃんが出てきました。

母体への負担はなく産後の回復も早いので私は3500gの子供で大きめでしたが無痛分娩して本当に良かったです。





このページの先頭へ