無痛分娩の体験談

千葉県えんぴつ公園マザーズクリニックの無痛分娩の体験談

更新日:

病院名:えんぴつ公園マザーズクリニック
住所: 千葉県市川市相之川3-1-14
電話番号:047-701-0171
サイト:http://ppmc.jp/s/

えんぴつ公園マザーズクリニックの無痛分娩出産の費用を教えてください。

70万円

えんぴつ公園マザーズクリニックの無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠が決まったときから頭にあったのは、出産の壮絶な痛みへの恐怖でした。ネットで検索するうちに、麻酔をかけて陣痛の痛みを和らげる無痛分娩の存在を知り、近くで実施している産院をひたすら探しました。

そこで見つけたのが、えんぴつ公園マザーズクリニックでした。まだ新しい産院ではあるものの、地元の看護師の友人にあの先生はすごく腕がいいと聞きました。順天堂大に長く勤務されていたようです。

また、出産前に麻酔科の医師と面談をして、実施方法やリスク等、丁寧に説明を受けることができたので、とても安心できました。残念ながら、麻酔科の先生は常駐していないので、火曜日もしくは土曜日のみの計画分娩となりますが、夫の仕事も考慮して分娩日を決められたのは、それはそれでよかったと思います。

当日は8時ぐらいに産院に行き、そこから促進剤を入れますが、麻酔科の医師が到着次第、麻酔を入れてもらえます。諸説ありますが、先生が言うには麻酔を入れようと入れまいと、お産の進みには関係がないので、痛みを我慢する必要はないよとのことでした。

硬膜外麻酔を入れるときもまるで痛みがなく、先生の指示や説明が明快で、あんな針やら管が背中を通っているとはにわか信じがたいくらいに快適でした。

促進剤の量は、最初は20ml/hから最大120ml/hとだんだんと量を増やし、張りの様子を見て、ときに減らしていきました。
お腹の張りは遠隔でもモニタリングされていて、30〜15分で助産師の方が様子を見に来て声掛けをしてくれて、上げ下げの調節を行いました。

昼前後にお産を進めるために人工破膜をし、子宮口の開きはこのときに3cmでした。その後、16時にはほぼ全開となり分娩室へ移動しました。ここまでまるで痛みはなく、Twitterで実況中継をしたり、スマホで海外ドラマを観てました。

分娩室に移動してからは本当にあっという間でした。何回かいきみましたが、体質上、産道が狭いということで、なかなか赤ちゃんが出てこず、吸引分娩となりました。びっくりするぐらい一瞬で出てきましたが、これが麻酔なしだったらと想像すると、失神してたかも...と思います。
ちなみに分娩後の処置も、麻酔がなければあんなところを縫われるなんて恐ろしいですね。

痛みもなく快適で、子供が生まれてすぐ後に先生や助産師さんにありがとうございますと落ち着いてお礼が言えました。
こんなに精神的に落ち着いていられたのも無痛分娩だったからこその恩恵だと思います。

普通分娩の経験はないので、比較は決してできませんが、これであれば次も産めるかもしれない!と強く思いました。痛みに弱いから出産が怖いと考えている人にこそ、本当におすすめしたいです。

無痛分娩は、母親が甘えているとか、批判的な方が一般の方の中にも、あるいは助産師の方にも中にはいらっしゃるのですが、えんぴつ公園マザーズクリニックさんは皆さん好意的で、肩身の狭い思いをすることはありませんでした。
恐らく私が出産した日は他に3人のお母さんもお子さんを産んでいらっしゃったと思いますが、全員が無痛分娩でしたね。
無痛分娩の経験数もかなり多く、近くの順天堂大とも連携があるのではないかと思うので、安心感のある産院です。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.