Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

此花区の大阪暁明館病院で計画無痛分娩した体験談





病院名:大阪暁明館病院
住所:   此花区西九条5-4-8
電話番号:06-6462-0261
サイト:http://www.gyoumeikan.or.jp/

大阪暁明館病院の無痛分娩出産の費用を教えてください。

603660円

大阪暁明館病院の無痛分娩ま出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は無痛分娩にて出産しました。
無痛分娩を選んだ理由は、私は海外経験が少しあり、アメリカ・イギリス・フランスによく滞在しており、現地で出来た友人の出産経験も聞いていて、その子たちが皆当たり前に無痛分娩でしたので、無痛分娩が日本ではまだ珍しいことを知りませんでした。

それと、私の母も無痛分娩で私と兄を出産していましたのでありきたりなものだと思っていました。母の時代ではかなり珍しいものだったそうですが、時代は30年もすすんでいるのだから当たり前の選択肢であると考えていました。

この様に、当然にどこの病院でも無痛分娩をやっていると思っていたのですが、妊娠36週目、病院の出産準備クラスを受けろと言われたので出たところ、私の通っていた病院は運悪く自然分娩・母乳育児ゴリ推しの病院で私の望む出産スタイルとはかけ離れた病院でした。

出産準備クラスを受けるまで、通っていた病院が無痛分娩に対応していなかったことを知らなかったので、急いで主治医に相談し、無痛分娩を希望している旨を伝えました。すると「もう36週目なので受け入れてくれる病院があるかは分かりませんけど、ご自身で受け入れてくれる病院が見つかったら紹介状書きますから頑張って探してください。」と冷たく言われました。

元々、主治医とはコミュニケーションがうまくいっていないという意識はかなりありましたが、この冷たい一言と出産準備クラスでの助産師の「産みの苦しみを味わわないで母親になんかなれない、無痛分娩なんてものは当院では断固反対です。」と言っていた時代錯誤のセリフにこの病院とは合わないと感じ、意地でも違う病院で産もうと決心しました。

そんな根拠のないセリフがよく言えたなとかなり嫌悪感を抱きました。事実私は無痛分娩で産んだ母に育てられていましたし、無痛分娩でも痛いのよと母に聞かされており、出産するのは大変な事である事には変わりないけれども、除ける痛みは除いて体力の無駄な消耗を避けるという考えに賛成してました。

翌日からネットで調べましたが、市内で無痛分娩を取り扱う病院は殆どなく、通えそうな範囲となれば僅か7件しかありませんでした。順番に電話をかけるも36週目という週数でまず断られました。しかし5件目にかけた病院で受け入れを検討してくれるとのことで、すぐ予約を取り診察に行きました。

僅かな希望を求めて診察に行ったところ、無痛分娩についての流れや病院の方向性や価格について丁寧に説明を受け、受け入れ自体は可能であると判断してもらえましたのでその日に入院の手続きを取り、今まで通っていた病院の分娩予約をキャンセルしました。何より、以前の病院の先生より相性が良かったので即決出来ました。

無痛分娩は計画分娩だったことも決め手でした。いつ破水するか分からない不安、初めての陣痛の間隔の計測への不安も計画分娩ということで払拭されるのです。計画分娩であるという事は、家族も心の準備が出来るし、スケジュールの調整もつけやすく心強かったです。

入院初日に麻酔のチューブを背中に入れ、その後出産するまでチューブは入れたままで3日目に無事出産しました。はっきり言って「無痛分娩?」というぐらい痛かったです。産後痛も含めて。それでも自然分娩よりはマシという感じで痛みを和らげられた程度かなとは思いますが、次出産する機会があっても無痛分娩を選ぶと思います。





このページの先頭へ