Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

海外アイルランドで二人目を無痛分娩した体験談





無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:ゴールウェイ大学病院
住所:ニューキャッスル通り、ゴールウェイ、アイルランド   
電話番号:+35391524222
サイト:www.saolta.ie/hospital/university-hospital-galway

ゴールウェイ大学病院の無痛分娩出産の費用を教えてください。

無料

ゴールウェイ大学病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は、二人目の出産の時に無痛分娩を選びました。
一人目は自然分娩で産んだのですが、会陰切開したにも関わらず肛門まで裂けてしまったため、産後しばらく大変な思いをしました。

そのため、二人目の出産は帝王切開を予約していました。

しかし、予定より3週間早く陣痛が始まり、しかも子宮口も病院に着いた時点で6センチ開いていると言われ、帝王切開で産むか自然分娩するかをすぐに選ばなくてはいけませんでした。自然に産むなら無痛分娩にしたかったので、その場合は子宮口が7センチ以上になると麻酔ができないため、早く答えを出さなければいけない状態でした。

悩みに悩んだ末、3週間早いから赤ちゃんも小さいだろうし自然でも大丈夫と助産婦さんに後押しされた事もあり、自然で無痛分娩をする事に決めました。

日本では無痛分娩の場合、計画出産になるので事前に予約が必要ですが、私の暮らすアイルランドでは無痛分娩は一般的で、出産当日に決める事が出来ました。

決めてから、契約書にサインをして背中に麻酔の針を入れられました。
麻酔を入れられて間もなく、今までの痛みの波が全くなくなりました。一気にとっても楽な気持ちになったのです。それどころか、だんだん力が抜けてくる感じがしてどんどん眠たくなってきました。

これはさすがにちょっとおかしいと思い、助産婦さんに眠くて力が入らない旨を伝えると、麻酔の量を調節して下さり、また痛みの波がわかるようになりました。
とは言え、痛みは陣痛が始まった頃と同じ位の弱い痛みです。
無痛分娩と言う名前を聞くと、全く痛みがないイメージがしますが実際には痛みは少しあります。痛みが全くないといきむ事ができないので、お産自体が難しくなります。

子宮口が10センチ開いた時点でいきみに入りますが、その時の痛みは、一人目の自然分娩の時の痛みと比べると半分位かなと思いました。
一人目の時は尋常じゃない痛みで、いきむ時に力が入り過ぎたのと顔に力が入ってしまったために、顔の毛細血管がいっぱい切れてしましました。産後トイレで鏡を見てびっくりです。青紫の点々が顔中にあるわ、顔全体がむくんでいるわで何ともひどい顔でした。

それと比べると、二人目は痛みが穏やかな分いきむ力をもう少しコントロールできました。しかも子宮口がマックスに開くまでのいきみ逃しも全くしませんでした。痛みが弱いのでいきみたい気持ちがないからです。

痛みが弱い分いきむのが難しい気もしましたが、結果的にはうまく力が入れられて、二人目の方が楽に産む事ができました。

一人目は、とにかくいきみ逃しも一苦労でふんばりたい気持ちを我慢しなければならず、これに相当体力を使ったと思います。無痛分娩は痛みが穏やかなため、陣痛中体力の消耗を防げましたし、普通に会話さえできる位余裕がありました。

助産婦さん達も一人目の出産の経緯を知っていたので、一人目の時より丁寧に指導してくれました。会陰切開も麻酔が効いている状態でしたので全く痛くありませんでした。

ただ縫う時はもう麻酔は切れている状態なので、と〜っても痛かった記憶があります。もしかすると、縫っている間が一番痛かったかもしれません。
それぐらい、無痛分娩の痛みは弱いと感じました。





このページの先頭へ