Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

東京都府中市土屋産婦人科で畳に布団でソフロロジー出産した体験談





病院名:土屋産婦人科
住所:〒183-0055 東京都府中市 府中町3丁目10−9   
電話番号: 042-351-3748
サイト:http://tsuchiyaclinic.com/

土屋産婦人科のソフロロジー出産の費用を教えてください。

64万円

土屋産婦人科のソフロロジー出産の体験談をお聞かせ下さい。

私の通った土屋産婦人科では、フリースタイル出産という自分の好きな体勢で出産することができるのですが、出産に向けてのバースプランを書くときに、ソフロロジー出産がしたいと書きました。

まずソフロロジー出産に向けてのイメージ作りですが、これは事前に病院で行っていた両親学級に参加することでイメージを沸かせました。
主人と一緒に参加したその両親学級では、助産師さん二人が赤ちゃんの人形と子宮をイメージした袋などを使って実演をしてくれました。
陣痛が始まって病院に連絡するところから後産までの一通りを3パターンの産み方で演じていました。

正直両親学級に参加するまではどのタイミングで電話するのか?陣痛の強さはどの程度なのか?病院についてからの流れ、出産中のお産の進み具合、後産の存在など知らないことがたくさんあったことに気づき、それを知れたことにより安心感がとてもありソフロロジー出産の第一歩になったなと思いました。

私のお産は予定日の3日前に始まりました。
夜中の3時、お腹がきゅーっと収縮する感覚で目が覚めました。
スマホ片手に間隔を測ってみるとだいたい15分~20分感覚で、痛みの持続は1分程度でした。

そのまま朝6時を迎えるころには感覚は10分を切るか切らないかぐらいまで短くなっていました。
しかし、病院からは5分を切ったら電話をするように言われていたため、主人を起こして様子を見ました。
まだ全然我慢できるレベルの痛みだったので特に呼吸法も意識することなく、温かいハーブティを飲みながら過ごしていました。

主人を会社へと見送り、陣痛の合間には前日にやり残していた食器を洗っていました。
この時には陣痛がくるとイタタタ・・・と言ってしまうほどに強くなり、しっかり深く呼吸することを心掛けていました。
いよいよかと、ここで覚悟が決まりました。

病院に連絡すると、一度見てみましょう。ということだったので病院へ行き診察してもらうと子宮口2センチで入院が決まりました。
分娩室に荷物をもって移動すると、そこには畳に布団というまるでおばあちゃんの家に遊びに来たかのようなあたたかな雰囲気でした。
NSTの機械を付けながら布団で横になっていると助産師さんがアロマを焚いてくれて、ヒーリングの音楽も流れていてとても落ち着ける空間になりました。

NSTを測り終えると、陣痛を強くするために階段の昇り降りを進められました。
病院の階段をなんども昇り降りして陣痛の間隔が短くなるのを待ちますが、3分間隔のまま先に進まなくなってしまいました。
そこで一度分娩室に戻ると、併設していたお風呂に入るよう勧められました。

正直、痛みが結構強くなっていてお風呂に入るのは辛いな、と思ったのですが、実際入ってみると全身の力が抜けとてもよかったです。

お風呂から上がると、身体が温まったおかげで子宮口が8センチまで一気に開きました。
陣痛の痛みもどんどん強くなり、思わずううーっと声が出てしまうほどでした。
この時深く呼吸することを忘れてしまい、まだいきんではいけないのに身体が勝手にいきんでしまっていました。

その時助産師さんが声を出さないでふーっと息を吐いて、鼻からしっかりゆっくり呼吸してごらん。と声をかけてくれました。
それを聞いて呼吸法を思い出し、言われたとおりにやってみると痛みは同じはずなのに気持ちが格段に楽になりました。
陣痛に耐えながら、呼吸法すごい!と思いました。

そこからは呼吸が乱れることはなく、助産師さんの指示に従っていきんだり、いきみを逃したりを繰り返し3時間ほどでつるりんと産まれてきました。
分娩時間は13時間と、初産にしてはまぁまぁ早めの出産で、出血も少なく、精神的にもとても安定していて安産でした。

思い返してみると、苦しかったのは呼吸法を見失ったほんの数分ぐらいでした。
痛みを受け入れ、赤ちゃんが苦しまないよう呼吸だけに集中していたので、産んだ後すぐ、このままもう一人くらい産めそうと豪語するほどとても良い出産になりました。

バースプランに描いたソフロロジー出産は見事達成できたのではないかなと思っています。





このページの先頭へ