Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

小国病院(兵庫県姫路市)で無痛分娩+促進剤した体験談





病院名:小国病院
住所:兵庫県姫路市南条2丁目23番地   
電話番号:079-284-0381
サイト:http://www.oguni-hp.com/

小国病院の無痛分娩出産の費用を教えてください。

総額で528990円でした。

小国病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

わたしが無痛分娩を選んだのは、会社の先輩にオススメされたのがキッカケでした。
家の近くで無痛分娩を扱っている産婦人科をいくつか調べて、口コミや病院の雰囲気などで出産する病院を決めました。

わたしが通った産婦人科では無痛分娩、和痛分娩を行っていて、和痛分娩は点滴や注射で痛みを和らげるものだと説明してもらいました。
陣痛が始まってから我慢できなくなったら無痛にするという選択もできると言われたので、一度自然分娩で頑張ってみることにしました。
主人には立ち会ってもらいたかったので計画分娩をお願いしていて、38週で出産を迎えました。
陣痛促進剤を入れ始めてすぐに強い陣痛が起こり始めました。

あまりにも痛かったので力が入ってしまって子宮口が開きにくくなっていると先生に言われて、約3時間陣痛に耐えましたが、無痛分娩に切り替えてもらうことにしました。

まず、背中に麻酔を流すカテーテルを入れるために局所麻酔をしました。

局所麻酔の注射をするためにかなり背中を丸めないといけなかったのですが、まだお腹が大きく、丸くなるのも難しかったし、息苦しかったです。針を刺す痛みは想像していたより痛くなく、カテーテルを通しているときも違和感は多少あるものの痛みは全くありませんでした。

麻酔を入れるのが痛そうで怖かったのですか、本当に痛くなく、点滴の針を刺すほうが痛かったくらいでとても安心しました。
麻酔が効き始めるまで10分くらいかかり、その間に2回くらい陣痛に耐えましたが、麻酔が効き始めてからはお腹が張っているのは何となく感じるものの、痛みは全くなくなりました。

それからはお腹の張りに合わせて息を吐いて、子宮口が開くのを待ちました。
その日は子宮口が5センチまでしか開かなかったので翌日に持ち越すことになりました。
麻酔は切られてしまうため、夜中は陣痛を我慢しないといけないのかと思いましたが、促進剤をやめると嘘のように陣痛はなくなりました。
その日は晩ごはんを食べてすぐに寝ることにしました。

夜中に陣痛が来てしまったら張り止めの点滴で痛みを抑えるそうですが、その必要もなく朝まで眠ることができました。
翌日は主治医が帝王切開のオペでたてこんでいるようでしたが、朝一番に診察をしてもらい、内診台の上で人工破水をしました。
破水をすると促進剤が効きやすいそうです。
分娩室へ入り、促進剤と麻酔を入れ始めました。

しかし、なぜか麻酔が効かず、促進剤だけがかなり効いていてすごく痛かったです。
結局、前日に入れたカテーテルがずれてしまっていて麻酔が効きにくくなっていたようでした。
カテーテルを抜いて直接注射で麻酔を入れてもらい、一瞬で痛みがなくなりました。

お腹の張りも感じないくらい麻酔が効いていたので、助産師さんにお腹が張るタイミングを教えてもらいながら呼吸をしました。
子宮口が全開になってからはとても早くお産がすすんで、助産師さんが教えてくれるタイミングで何回かいきみましたが足に力が入らず、上手くいきむことができませんでした。

最終的に吸引分娩になりましたが、無事に出産することができました。
少し陣痛の痛みを体験することもできましたし、気持ちに余裕を持って出産することができたので無痛分娩を選択して良かったと思います。





このページの先頭へ