無痛分娩の体験談

愛育病院で急遽高齢出産で陣痛が強く無痛分娩にした体験談

更新日:

病院名:愛育病院
住所:東京都港区芝浦1丁目16番10号   
電話番号:03-6453-7300
サイト:http://www.aiiku.net/

愛育病院無痛分娩出産の費用を教えてください。

+25万円

愛育病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

私はこの病院で、出産に向けて母親学級に参加していました。ここでは、出産の方法も選択肢が多くて、自然分娩か、計画分娩か、または無痛分娩にするか細かく決めることが出来ます。私は当時36歳でしたから、高齢出産の領域になりますが、帝王切開はしなくても大丈夫ということだったので、当初は自然分娩を選び、そのつもりで出産後の計画を立てていました。

妊娠も後期になり、そろそろ出産予定日が近づいてきたころ、前駆陣痛が起こりましたが、数時間後に消えてしまいました。その5時間後に、再度陣痛が始まり、この病院に入院をすることになりました。ところが入院した時に、またもや陣痛が遠のいてしまい、このまま入院していてもいつ出産するかわからないから、自宅に帰りますかと言われて、どうしようか困ってしまいました。

そんな時、高位破水をしたので、自宅に帰ることはできませんと言われて、入院になりました。陣痛が弱すぎて、強まったり弱まったりして、なかなか出産できず、たまに胎児の心拍も止まることがありました。それに、とても陣痛が痛くて仕方ありません。私は自然分娩を望んでいましたが、前駆陣痛が始まってから一日以上たち、とても痛くて痛みにこれから耐えられる気力がありませんでした。

このままだと、陣痛が弱いので、胎児が危険ですと、医師から陣痛促進剤を投与する必要があると言われて、仕方なく署名しましたが、陣痛促進剤を投与後、さらなる痛みに襲われてもう、出産までこの状態では耐えられないと思いました。
そして、以前から気になっていた無痛分娩のことを医師に相談しました。すると、麻酔医がいるのですぐに対応できますが、書類を記入してくださいと言われて、痛みに耐えながら3枚ほど書類に署名捺印をしました。

本当は自然分娩にしたかったのですが、痛みがひどくて無理でした。署名後、すぐに麻酔医がやってきて、私の腰に注射をしました。すると、数分後に痛みが無くなり、さっきまでの痛みが嘘のように消えてなくなりました。

そのあとは、痛みが全く感じることなく、子宮口が何センチ空いているか、看護師が随時チェックにきていることが繰り返されました。私は、ベットで、痛みを感じることなく横たわりながら、我が子が生まれてくることを待っていました。いよいよ、子宮口が全開になり、いきんでくださいと言われたのですが、その時は腰に感覚がなかったので、なかなか力を入れることが出来なくて困りました。

それでも、最後の力を振り絞って何とか力を入れて、我が子を出産することが出来ました。麻酔が聞いていたので、出産後、8時間くらいたっても、立ち上がるときは脚の感覚が鈍くて、ふらふらしてしまい、看護師に付き添ってもらってトイレに行きました。
無痛分娩は怖いと思って当初は避けていましたが、急遽無痛分娩をすることになり、戸惑いましたが、痛みを本当に感じなかったので、沢山の体力を消耗することなく出産することが出来たので良かったです。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.