Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

宮元産婦人科(東京都国立市)で和痛分娩した体験談





病院名:宮元産婦人科
住所:東京都国立市中1丁目1-1   
電話番号:0425725518
サイト:goo ヘルスケア

宮元産婦人科での無痛分娩出産の費用を教えてください。

無痛(和痛)分娩

宮元産婦人科の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

無痛(和痛)分娩がある事は知らずに、宮元産婦人科に通院していましたが、診察の時にきちんと説明がありました。無痛(和痛)と言っても、眠った状態や全く痛みがない訳ではないと言うお話でした。腰に少しだけ麻酔の注射をすると言う事でした。

同じ時期に通院していたお友達が、私よりも先に出産していたので、彼女の入院中にちょうど私の通院日があったので、話を聞く事ができました。
「全然痛くないわけじゃないよ。陣痛と陣痛の合間に力が抜けてくれる感じで、陣痛の痛みはしっかりわかるよ。」と言っていました。なので、私もそれなりに覚悟をして、「無痛や和痛と言っても全身麻酔じゃないし、痛みはわかるよね。それに、陣痛がわからなくなったら、いつ力を入れたらいいかわからなくなるしね。」と思いながら、陣痛が来るのがいつなのかを待っていました。

無痛(和痛)分娩については、全く恐怖感はありませんでした。周りの出産した友達は、皆普通分娩で、無痛分娩をした友達は一人も居なくて、普通分娩の痛みの凄さが尋常ではないと言う話ばかりだったので、その痛みの恐怖感なく出産までの日を過ごす事ができました。
実際に陣痛が夜中3時前後にきました。その時は、軽い生理痛くらいの感覚だったので、もしかしたら病院に行ってもまた家に帰されるかもと思っていました。陣痛の波を測るものをお腹周りにつけたら、きちんと陣痛が来ていたので、看護師さんの言われるまま、トイレに行ったり、陣痛の波がピークに来るのと、子宮口が開くのを待っていました。

急に看護師さんがバタバタし始めて、何かあったのかなと不安になりましたが、陣痛の波が結構来ていたみたいで、「痛くないですか?大丈夫ですか?」と何度か聞かれましたが、自分の中では「生理痛のちょっとだけ痛みが増した感じくらいだから、このくらいの痛みでは本格的な陣痛ではない。」と思っていました。

普通分娩した友達の話では、病院に聞こえるくらい大声を出したとか、経験ない痛みで表現できないと言っていたので、私の痛みはまだまだだと思っていました。
しかし、波は確実に上がってきているようで、先生がいらっしゃって、「腰に麻酔打つからね。これで、少し楽になると思うよ。でも波が来た時は痛みはわかるけどね
。」とおっしゃって、腰に一瞬だけ注射されました。それから1分もしないうちに、とにかく眠くなってしまいました。痛みは私の場合は、全くなくなってしまったんです。

意識はありますが、全身の力が抜けて、今から出産する分娩台に居る妊婦さんとは思えませんでした。
陣痛は私の場合は、全くなくなってしまったのですが、切開する痛みはありました。切開中もウトウトしながら「いててて」と寝ぼけた感じで言っていた覚えはあります。

ただ、変な力が入らなかったので、切開中の痛みはありましたが、力が抜けていて良かったのではないかと思います。
分娩の波と子宮口の開きもそろそろ良い感じだったみたいで、力む練習を1回看護師さんに言われてしましたが、「痛みが来たら力んでみて下さい。」と言われても痛みが全くなかったので、長く力んだほうが良いと言う事を聞いていたので、とりあえず長く力んでみました。そして、2回目を力んでいる途中で「力抜いて」と言われたので、力を抜いたら、娘が産まれてきました。

産まれてすぐに抱かせてもらいましたが、とにかく眠くて力が入らず、抱いて娘の顔を確認して、また看護師さんが娘を抱いてくれました。
それから病室に運ばれてからは、爆睡でした。
無痛(和痛)分娩については、賛否両論だと思いますが、私は無痛(和痛)分娩で本当に良かったと思っています。





このページの先頭へ