Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

川村産婦人科(大阪府高槻市)でソフロロジー出産した体験談





病院名:医療法人 川村産婦人科
住所:大阪府高槻市松ヶ丘1丁目1-1   
電話番号:072-687-7557
サイト:http://www.kawamura-sanfujinka.or.jp/

川村産婦人科のソフロロジー出産の費用を教えてください。

502,620円

川村産婦人科のソフロロジー出産の体験談をお聞かせ下さい。

私が出産した産院はソフロロジー法を取り入れた出産を行っていました。後期マザークラスの際に、呼吸法の練習をしたり、ソフロロジー用のCDの貸し出しがあり、それを用いて家でも呼吸法の練習をかねて、リラックス出来るようにという配慮がなされていました。

私の場合は、前駆陣痛はあるものの、予定日をすぎてもなかなか本陣痛が来なかったので、42週に入る前に出産した方がいいからと、陣痛促進剤を投与しての出産でした。前日の昼過ぎにバルーンを入れる処置を行い、子宮口が開きやすくなるようにしました。

バルーンを入れたことが刺激になったようで、その日の夕方頃から徐々にお腹が痛くなり、陣痛が始まりました。でも、なかなか間隔が短くならず、痛みも自分の体感的にはかなり痛いものの、痛みの波はまだ小さく、なかなかお産が進みませんでした。

子宮口が4,5cm開くまでは病室で過ごしました。その間、時折、助産師の方が様子を見に来てくださり、陣痛の痛み逃しのソフロロジー法の呼吸法を声かけしてくださいました。1人でいる時は上手く呼吸が出来ず、すぐに胸で呼吸してしまうこともあって痛みが強かったのですが、声かけに合わせて呼吸を意識すると激しい痛みが少し和らぎ、上手く息も吸えるようになりました。

子宮口が5cmを超えてから、LDR(分娩室)に移動しました。LDRに移動してからはソフロロジー法用の音楽もかけていただいたのですが、段々と陣痛の間隔も短くなり痛みも強くなってきたため、その時はあまり曲がかかっているという意識がなかったのですが、出産後耳に残っていたので聞こえてはいたのだと思います。

痛みが強くなるにつれて、痛みを我慢しようとして体に力が入ってしまい、すぐに呼吸が乱れそうになるのですが、その都度助産師さんが声かけをしてくれ、深呼吸をするように呼吸して、痛みを逃していました。

トイレに行くこともままならず、立ち上がっては呼吸、移動しては呼吸、座っては呼吸、用を足しては呼吸、また立ち上がっては呼吸、とひたすら呼吸を意識して、いかに上手く痛みを逃しながら、赤ちゃんにしっかりと酸素を送ってあげるかということだけを意識していました。

痛すぎて呼吸が乱れたり、息が上手く吸い込めなくなることもあったのですが、そうするとより痛みが増してしまい、より一層呼吸が上手く出来なくなるという悪循環に陥ってしまうため、できる限り呼吸が乱れないよう乱れないよう必死で呼吸をしていました。

リラックスできるようにと、ラベンダーのアロマをつけていただき、少し気が紛れました。助産師さんや立ち会ってくれた主人が腰をさすってくれて、それだけでもずいぶんと痛みがマシになり、楽になったように感じました。

子宮口が8cmくらい開いた頃から、いきみたくなったら痛み逃しの呼吸の息を吐き終わるタイミングで、自然にいきんでもいいといわれ、いきむようにすると更に痛みがマシになったように感じました。

子宮口が全開になり、いよいよ出産となり、陣痛の波に合わせて、痛みの強いときにいきみ、痛みが弱くなり始めたら呼吸をするようにいわれました。いきむと赤ちゃんが産道を進んでいるのか会陰のあたりがとても痛くなりましたが、呼吸でなんとか痛みを逃すことが出来ました。

子宮口全開でいきみ始めてからほんの5~10分程で赤ちゃんが生まれました。生まれる瞬間は会陰が裂けたこともあり、激痛でしたが、赤ちゃんがするりと出てきた途端、それまでの痛みが嘘のように引いていきました。

初産で、今回の出産以外は知らないため比較は出来ませんが、呼吸を意識しただけで痛みがマシになったことを思うと、ソフロロジーで良かったと思いました。





このページの先頭へ