Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

慈誠会病院(相模原市)で自然分娩と無痛分娩両方した比較





病院名:慈誠会病院
住所:神奈川県相模原市南区相模大野6-19-26   
電話番号:042-742-3636
サイト:http://www.jiseikai.com/

慈誠会病院の無痛分娩出産の費用を教えてください。

53万円(うち、無痛分娩費5万円)

慈誠会病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

第二子を妊娠した時、上の子を預けたりする関係で、あらかじめ出産日を決められた方が楽だと思い、計画出産にしようと決めました。
その際に重視したのは通院のしやすさで、家から最も近い、地元で有名なこちらの産院にお世話になることにしました。

実は第一子は無痛分娩で有名な別の病院で、自然分娩での出産を希望していました。
主人が、「痛みを味わって産まなければ愛情が育たないのでは?」という古い考えの持ち主だったため、8割の妊婦さんが無痛分娩を選ぶその病院で、なぜか自然分娩で産むことになりました。

陣痛は思っていた以上に痛く、痛みに強いと自負していた私が、破水してからの痛みには耐えきれず、病院中に響き渡るような声で叫び続けてしまいました。

赤ちゃんの首にへその緒がまきついていたこともあり、なかなかお産が進まず、結局夜中に破水してから7時間以上も絶え間ない痛みと闘いました。
そして結局は促進剤を投入し、さらに吸引することになったのですが、これ以上の痛みは耐えられそうにないと訴え、最後の最後で麻酔を打ってもらったのでした。

注射を打ったとたん、それまでの痛みが嘘のように消え、結局赤ちゃんが出てくる感覚も判らない程、するっとあっけなく出産を終えました。

その時の記憶も残っていたので、2度目は最初から計画無痛分娩にすることに決めました。
つわりもなく順調な妊娠生活でしたが、33週頃の健診で、赤ちゃんが横向きになってしまっていることが判明し、緊急入院となりました。

出産当日までそのまま横向きだったら帝王切開になるということで、最後までどうなるか予測できませんでしたが、出産予定の1週間前には通常の向きに戻り、予定通り無痛分娩で出産することになりました。

普通は予定日の朝にバルーンを入れて赤ちゃんが下りてくるのを待つのですが、私の場合は羊水の量がかなり多く、その方法だと危険だということで、ひたすら陣痛促進剤を打ちながら陣痛が来るのを朝から待ちました。

朝9時頃から促進剤を入れて横たわっていたのですが、ほとんど陣痛が起こらず、2日がかりになるのかなぁと覚悟をしていました。

昼過ぎに少しずつ、陣痛の波がやってきました。

痛みが強くなったら無痛の麻酔を打ちます、と言われていましたが、一人目の時の痛みに比べたらまだまだ平気だったので、そのまま呼吸法で痛みを逃しながらタイミングを待ちました。
15時頃、かなり痛みが増してきたので、麻酔を打つことになりました。

大きなお腹を丸めて横向きになり、背中に注射を打つのですが、これがとても辛かったです。
体勢も辛いのに、動くと怒られるので、ただひたすらじっと丸まって激痛に耐えました。
一人目の時は陣痛の痛みがピークだったので、麻酔の痛みは全く感じなかったのです。

麻酔を打つと、痛みはかなり和らぎました。
時々大きな痛みの波が来ますが、叫ぶ程の痛みではなく、落ち着いて呼吸することが出来たので、赤ちゃんの心音も終始安定していました。

17時頃、「生まれそう!」という大きな痛みが来て、いよいよ分娩の時を迎えました。
3回か4回目のいきみで、ズルッという感覚とともに、元気な女の子が生まれました。
前回、出てくる感覚が全くわからなかったので、これは本当に感動でした。

出産後の体力の回復も驚くほど速く、産後2時間で夕食もきれいに平らげることが出来ました。
(前回は食欲さえ失せ、翌日の昼も何も食べられませんでした)

自然分娩で陣痛に7時間以上苦しんだ後は、全身筋肉痛になり、産後2週間はドーナッツクッションが手放せなかったのに、無痛で産んだこの時は翌日から元気に動き回ることが出来ました。

痛みを味合わなければ愛情が育たない、なんて嘘です。
自然分娩で産んだ第一子も、無痛で産んだ第二子も同じように可愛いです。
両方体験したからこそ言えますが、費用もそれ程高くなるわけではないので、是非、無痛分娩をお勧めします。





このページの先頭へ