Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

杉山産婦人科(東京都世田谷区)で計画無痛分娩した体験談





病院名:杉山産婦人科
住所:東京都世田谷区大原1-53-1 
電話番号:03-5454-3541
サイト:https://www.sugiyama.or.jp/

杉山産婦人科の無痛分娩出産の費用を教えてください。

約80万円

杉山産婦人科での無痛分娩体験談をお聞かせ下さい。

私は第1子、第2子ともに無痛分娩で出産しました。
理由は、第1子のときに出産への痛みに対して恐怖心があったので無痛分娩を希望しましたが、第2子のときは無痛分娩だと自分が冷静な状態で子供の誕生を迎えられることに感動した(第1子のとき)経験より、同じように出産をしたいと思ったからです。
無痛分娩は、その名の通り痛みが全くないものかというとそういうことは全くありません。
出産する前後は、それなりの痛みを経験します。

私が出産した杉山産婦人科での無痛分娩は、ほぼ「計画無痛分娩」です。妊婦検診での経過を見ながら、出産日を決め、その前日に入院。
前日処置をおこなって、翌日に麻酔と陣痛促進剤を投与して出産するというスタイルです。
私が無痛分娩をしたとき、第1子のときは出産日を決める前に自宅で破水し、そのまま病院へ直行して入院となりました。深夜のことだったのでビックリしました。

抗生剤の点滴をしながら、子宮口にバルーンをさして子宮口を広げる処置を行いましたが、これが本当に痛くて叫び声を出したくらいです。
このバルーンをさすと、だんだん生理痛のような痛みが出てきましたが我慢できる程度。そのまま病室で朝まで休みました。
翌朝、朝ご飯はなし。飲水も禁止。無痛分娩前12時間くらい、飲食禁止なのだそうです。
翌朝、背中の腰椎に硬膜外麻酔の処置をしました。手術台のような台の上に横向きに寝て、そのまま体育座りをするという妊婦にはきつい格好をさせられました。

そこで表面麻酔をしてから、硬膜外麻酔をしましたが、このとき子宮口にしたバルーンが刺激となり陣痛がついてきたようで、さらに陣痛促進剤の投与もし始めたときでもあったので、麻酔の痛みより陣痛のほうが痛かったという記憶しかありません。麻酔の処置が終わると、すぐに麻酔をしてくれるのかと思ったけれどしてもらえませんでした。

陣痛が「本陣痛」になるまで麻酔ができないとのことでした。陣痛は麻酔によって弱くなってしまうとのことで、しばらく陣痛の痛みを味わいました。
陣痛と赤ちゃんの心拍を計測するモニターで、陣痛のレベルが高くなってきて、また規則的にきているとのことで、やっと麻酔を投入してくれたとき
背中に通した麻酔の管に麻酔が入っていくと、とても冷たいものが入っていく感覚がわかりました。

そして、うそのように痛みがなくなって、とてもビックリしました。さっきまでの陣痛がなんだったのかと不思議に思えるくらいです。
そして麻酔をしているけれど、痛みは感じませんが陣痛がきたときにお腹が張る感覚はきちんと感じられます。
陣痛促進剤と麻酔で、あとは赤ちゃんが下りてきて子宮口が全開になるのをLDRで夫と談笑しながら待っていました。
すると突然、恥骨が激しく痛み出しました。しかも麻酔を追加してもらった後だったときです。

先生に見てもらうと「子宮口、全開ですね。この恥骨の痛みは、赤ちゃんが下りてきて恥骨を圧迫しているからです。麻酔は骨の痛みはとれません」とのことでした。

それで麻酔を追加するかどうか聞かれましたが、私は早く産みたかったので追加しませんでした。
出産では助産師さんの合図とともにいきみました。痛みはないけれど赤ちゃんが出てくる感触はわかります。股の間に仏像が挟まっている感覚が結構続き、

先生から「会陰切開しましょう」とのことで4か所切開してもらいましたが全く痛みはありませんでした。
そして生まれてきた瞬間、どるん!と大きなものがでてきた感触がありました。子供のなき声が聞こえてきたときはとてもうれしかったです。
このように無痛分娩では、リラックスして子供の誕生を見ることができて私にとってはとてもいい経験になりました。

そして夫も立ち合い出産をしましたが、夫もリラックスして子供の誕生を見れたので「こわい」という印象もなったとのことです。
ただし産後、麻酔が切れた途端、会陰切開箇所の痛み・後陣痛の痛み・・・これらは容赦なく痛みを経験しました。





このページの先頭へ