和痛分娩とは

和痛分娩はいきみやすいのは陣痛を感じるから?

更新日:

Unknown-1

陣痛を緩和する出産方法には、無痛分娩と和痛分娩があります。

実際には和痛分娩として行っている病院の多くが、
硬膜外麻酔法による無痛分娩を行っているので、
和痛分娩と無痛分娩との違いがわかりにくくなっています。

ここではわかりやすくするために、硬膜外麻酔法を利用する方法を
無痛分娩として、それ以外の痛みを軽減する方法は和痛分娩とします。

和痛分娩のメリットはいきみやすさ

和痛分娩と無痛分娩を比較する時によく言われるのが
陣痛を感じることができる和痛分娩の方が分娩時間が
短くなるということです。

子宮口が開くまでの陣痛から、分娩が開始できるようになると
陣痛のタイミングによって力をいれていきみます。

いきみのタイミングが陣痛によってはっきりわかることが
和痛分娩のメリットと言われる理由なんです。

無痛分娩でも問題ない?

和痛分娩の方がいきみやすいと言われている半面、
無痛分娩でもいきみのタイミングはモニター管理によって
きちんと伝えられるため、わかりにくいということはないようです。

無痛分娩と和痛分娩、自然分娩とすべてを経験された方なら
ハッキリとその違いがわかると思いますが、そのような貴重な経験を
している方は少ないものです。

分娩時間が多少長くなっても、無痛分娩を選びたいのか、
多少の痛みがあっても、分娩時間が短い方が良いのか、
どちらを選んだ方が良いのかは医師に相談して決めるのが良いですね。

陣痛の痛みで体力が消耗してしまっては、いきみのタイミングが
ハッキリわかっていても力が入らなくなってしまうこともあります。

骨盤の狭い人や、体力的に不安のある方など、
様々な状況に応じて出産方法を選ぶのがベストだと思います。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-和痛分娩とは
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.