無痛分娩とは

無痛分娩は陣痛の痛みを全く感じなくなる?

更新日:

images-1

無痛分娩と聞くと、痛みを全く感じないで出産できると思いますよね。
読んで字のごとく、無痛分娩でなければ意味がないと感じてしまっても
不思議ではありません。

でも、無痛分娩を体験している人たちの声を聞く限りでは、
全く陣痛の痛みを感じなかったという人はほとんどいませんでした。

それでは、無痛分娩ではないのでは?
そんな不安や疑問を感じてしまいますね。

陣痛が始まってから麻酔をするタイミング

無痛分娩には、出産日を予め決める計画出産と
自然に陣痛が起こってから硬膜外麻酔をする方法があります。

病院によっては、自然に陣痛が起きてからのタイミングで
麻酔を使用することを基本としている場合もありますが、
麻酔科医の立会いが必要になることから、夜間や休日の
出産を避けるための計画出産しか行えない場合もあります。

自然に陣痛が起こってから麻酔をする場合は、
陣痛の間隔と子宮口の開きを確認して麻酔を使用するため、
全く痛みがないというわけではありません。

計画出産による無痛分娩の場合は?

予め出産日を決める無痛分娩の場合は、陣痛促進剤を使用します。
麻酔のタイミングが上手くいけば、痛みはかなり消えます。

個人差はありますが、テレビを見たり、会話したりしながら
陣痛の時間を過ごすことも可能になるほど痛みはなくなるようです。

無痛分娩にも、一つのパターンではないことから、
陣痛の感じ方はそれぞれ違います。

ただ、全く痛くないということはないことは理解しておきましょう。
その方が心構えはできるのではないでしょうか。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩とは
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.