無痛分娩とは

硬膜外麻酔による無痛分娩の方法とは?

更新日:

Unknown-3

無痛分娩が広く普及している欧米諸国にまでは及びませんが、
日本でも徐々に無痛分娩への理解が深まってきました。

無痛分娩のこと、興味はあるけど
具体的にどんな方法で無痛にするのか知りたい方に
一般的に行われている硬膜外麻酔法の無痛分娩をご説明します。

病院によって、硬膜外麻酔法による無痛分娩にも
色々なパターンがありますので、一例ですので参考までに。

出産日を決める無痛分娩

硬膜外麻酔法は麻酔医がいないと行えません。
24時間体制で麻酔医が常駐している病院以外では
出産する日を決めておきます。

出産予定日になったら

前日に入院し分娩を誘発します。
胎児の心拍モニターを開始、硬膜外麻酔の準備が始まります。

硬膜外麻酔の開始

膝を曲げ、身体を丸くするような状態で横向きに寝ます。
カテーテルを入れるところにまず局所麻酔の注射をしてから
カテーテルを通すための針を入れます。

正しい位置にカテーテルが通ったら針を抜いて
少量の麻酔薬の注入をして、安全を確認します。

陣痛促進剤の投与を開始

硬膜外麻酔の注入による安全が確認できたら、
陣痛促進剤の投与をはじめます。

硬膜外麻酔が効くのは個人差がありますが、
早い人で10分から15分、遅くとも30分くらいで効き始めます。
麻酔が効き始めたら、リラックスして分娩の準備が整うまで待ちます。

硬膜外麻酔法による無痛分娩の流れをまとめました。

ちなみに、無痛分娩といっても痛みが全くないわけじゃないのですが、
ほとんど痛みを感じなかった人が多いのも事実です。

硬膜外麻酔の効果は分娩後2時間〜3時間くらいで消えます。
通常の分娩よりも、無痛分娩の場合は体力の消耗が少ないので、
産後の回復も早いので歩行も比較的早くできるようになるそうです。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩とは
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.