無痛分娩とは

パニック障害で無痛分娩できるの?

更新日:

Unknown-2

パニック障害という病気をご存知でしょうか?

この病気は恐怖や大きなストレス、不安などが要因になり
脳内の神経伝達のバランスが崩れることで起こります。

症状は、激しい動悸や息切れ、めまいやふるえなどです。
ひどい症状になると呼吸が困難になるため救急の処置も必要です。

このようなパニック障害のある方は、電車に乗ることを避けたり、
人ごみを避けたり、緊張する行動をしないなど、日常生活の中で
気をつけながら投薬治療などを行っている場合があります。

ここでは、パニック障害の方と無痛分娩についてまとめてみました。

パニック障害でも無痛分娩は可能なのか

パニック障害の原因が強いストレスや不安にあることから、
無痛分娩の方が安心できる出産方法だと言えます。

無痛分娩の場合は、陣痛の始まる日をコントロールできるので
予期せぬ陣痛でパニックを起こすことを防げることや、
痛みを軽減できることで恐怖も少なくなります。。

無痛分娩によってパニック障害の症状を引き起こすリスクを
かなり少なくできるのです。

パニック障害で治療中でも大丈夫?

パニック障害の治療に使用する薬は、その症状によって医師が処方します。
妊娠を希望している方は、その旨を医師に伝えれば大丈夫です。

同じ疾患を抱えている人の多くが、治療しながら妊娠、出産を
しているので医師にきちんと相談すれば心配ないようです。

無痛分娩のメリット

痛みや出血など、恐怖を想像するだけでも症状が出てしまうこともある
パニック障害の人が無痛分娩を選ぶことで得られるメリットは、
恐怖心を感じることが少なくなることです。

病院によっては、自然分娩の途中から無痛分娩に切り替えることも
可能になるケースもあるので、痛みを乗り越えられるかどうか
不安だけどできれば自然な方法で出産したい人は、急きょの変更も
可能な病院を選ぶと良いのではないでしょうか。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩とは
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.