和痛分娩の体験談

和痛分娩した人の体験談

更新日:

images-5

和痛分娩をした人の体験談を見る限り、
ほとんどの方が一般的な無痛分娩と同じように
硬膜外麻酔法のよる和痛分娩のようです。

呼び方だけの違いという病院もあるのですが、
ここでは計画出産と硬膜外麻酔による無痛分娩以外の方法の
和痛分娩の体験談をご紹介します。

→芸能人の小倉優子も和痛分娩で出産しています。

笑気麻酔による分娩の体験談

背中に針を刺す無痛分娩の麻酔に抵抗があったので
笑気ガスを使った和痛分娩で初めての出産をしました。

でも、すごく痛かったです。
何となくボーっとする感じはありましたけど、
分娩台の上ではマスクを外しちゃうほど暴れました。

ただ、周りの自然分娩の友達の話を聞いていると、
笑気麻酔による和痛分娩でも、それなりに効果があったような。
泣き叫んだり、失神するようなこともありませんでしたから。

一回しか経験がないので、比較はできませんが、
次は無痛分娩にしてみようと思います。

自然陣痛からの麻酔使用の体験談

自宅から近い病院では、完全な計画無痛分娩ができる病院がなく、
仕方なく自然陣痛から麻酔を使う和痛分娩にしました。

でも、予想以上に痛みがなくて良かったです。
少しだけ陣痛の体験もできたので、それなりに実感度もあるし、
ある程度の感覚まで陣痛を我慢すれば促進剤の使用も減らせるので
リスクも少なくなるので和痛分娩にして良かったと思ってます。

体験談をご紹介しました。

和痛分娩には、無痛分娩ほど痛みを少なくできないので
あまり意味がないように言われる場合がありますが、
無痛分娩にはない良さもあり、その反面では欠点もあります。

和痛分娩と無痛分娩の選択に迷われている方は、
メリットとデメリットをじっくり比較する必要がありますね。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-和痛分娩の体験談
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.