無痛分娩とは?自然分娩とどう違う?





images-5

これから出産を控えている妊婦さんにとって、一番不安なことと言えば
やはりお産の時の痛みではないでしょうか。

また、1人目の出産時に非常に長く辛い陣痛を経験した方も
次の出産時にまたあの痛みがあると思うと、不安に感じるものです。

そこで無痛分娩に興味を持たれる方もいると思います。

では、無痛分娩とは自然分娩とどのような違いがあるのでしょうか。

無痛分娩とはどんな出産方法なの?

無痛分娩とは、麻酔を使用することで陣痛や出産時の痛みを取り除く出産方法です。

麻酔を使用するタイミングや、麻酔の方法も色々あるので
無痛分娩も一つだけの選択肢ではありません。

無痛分娩とは、全く痛みがないの?

無痛分娩には、陣痛が始まり子宮口がある程度開いてから
カテーテルで脊髄の近く部分(硬膜外腔)に麻酔を注入する方法
産道の出口付近だけに局所麻酔をかける方法が一般的です。

無痛分娩と言っても、全く痛みがないわけではないのです。
麻酔を使用するタイミングがくるまでは、
普通分娩と同様に、呼吸法などを用いて痛みを和らげるようにします。

完全に無痛で分娩することを希望している方は
無痛分娩の方法をしっかり調べることが必要になります。

無痛分娩は全身麻酔もあるの?

あまり多くはないケースですが、吸入麻酔や静脈麻酔を使用する
全身麻酔による無痛分娩もあります。

このように無痛分娩とは、一つだけの方法ではないので、
検討される方は医師とよく相談することが大切です。

麻酔を使用することのデメリットなども良く理解して、
その上で安全な方法を選択するようにしましょう。





このページの先頭へ