無痛分娩とは

無痛分娩ならホントに痛みはないの?

更新日:

Unknown-3

赤ちゃんを産む時の痛みについて、経験者の話を聞くとコワくなりますよね。

とくに大げさに話しているわけではないのでしょうが、
あまりにも痛いと聞くと、どんどん不安になってしまいます。

無痛分娩という出産方法なら痛みに弱い人でも大丈夫だとか。

でも、ホントに痛みがない、完全に無痛なのか気になりますよね。

無痛分娩の痛みについて

一般的な方法として行われるのは、硬膜外無痛分娩です。

この分娩方法は、陣痛が始まってからカテーテルで背中の脊髄の近くに
麻酔を注入して強い苦痛を取る方法です。

下半身だけに効く麻酔なので意識もあります。
痛みのレベルは人によって違うので、全く痛くなかったという人もいますし、
多少の痛みは感じたという人もいます。

無痛分娩での出産後は痛みはあるの?

麻酔を使って出産をした場合でも、麻酔が切れた後の痛みはあります。
お産を終えると、子宮が収縮する時に感じる痛みや会陰切開をした部分
麻酔の効果がなくなれば、普通に感じるようになります。

普通分娩の場合は、激痛を耐えた後なのであまり気にならないけど、
無痛で出産した後なので、強く感じるという方もいるのは確かです。

ホントに無痛分娩なら痛くない出産ができるのかどうか、
それは麻酔をするタイミングや麻酔の方法によって違いがあるので
一概には言えないことです。

経験者の体験談を参考にすることも良いとは思いますが、
個人差があることだけは、忘れないようにしておきましょう。

それでも、無痛分娩と普通分娩を両方経験した方の体験談を見ると、
比べ物にならないほどラクな出産だったと見聞きしますので、
リラックスして出産できる可能性は高くなるのではないでしょうか。

無痛分娩で産んだ私の友人の場合は1人目が自然分娩で、2人目、3人目が無痛分娩でした。
無痛分娩は自然分娩に比べてはるかに痛みがなく、
出産がものすごく楽なことに感動したとのことです。

産まれるまでの時間がとてもリラックスしていて、すごく楽しめたそうです。

こんな楽に産めるなら、もっと早くしておきたかった・・・と思って、
3人目も無痛にしたのだとか。

無痛分娩で痛みがあるのかどうか、気になっている方の参考になれば幸いです。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩とは
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.