Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

無痛分娩を行なう長野県の病院と費用リスト





長野県内で無痛分娩を行っている病院をまとめています。

長野での出産を考えている方は参考にしてください。

中川産婦人科

長野県長野市浅川東条289-2

電話番号 026-241-4135
HP http://www.avis.ne.jp/~ngobgy/index.html

基本的には自然分娩ですが、希望によって無痛分娩に
切り替えることも可能となっています。
硬膜外麻酔法(持続硬膜外麻酔)による無痛分娩です。

分娩費用、麻酔処置費用については直接問い合わせてください。

村井産婦人科 

住所:長野県長野市大豆島5307-2
電話番号 026-221-1103
HP http://www15.ocn.ne.jp/~murai-lc/index.htm

原則として自然分娩を優先させていますが、
必要に応じて計画分娩、無痛分娩にも対応しています。

無痛分娩の方法は持続硬膜外麻酔を用いています。

分娩費用、また無痛分娩によるオプション費用については、
直接問い合わせてください。

長野県では、無痛分娩の出産割合が年間0.15%程度です。
日本の平均では3%程度なのですが、比較すると長野では
無痛分娩の普及が遅れていることがわかります。

欧米では半数を超える人が無痛分娩を選んでいるのに対し、
日本全体の平均を見てもかなり低いのです。
それよりもさらに少ない割合なのです。

今後はもっと増えることを望んでいる方もいるでしょう。
ニーズが低いことから、費用面でも負担が大きくなる可能性もあります。

詳細を知りたい方は、直接問い合わせてください。





このページの先頭へ