無痛分娩できる病院

無痛分娩を行なう高知県の病院と費用

更新日:

無痛分娩を行っている高知県内の病院を探している方は、
確かな情報が得られないのでお困りのことと思います。

現在のところ、高知県内で無痛分娩を行っていることが
確認できる病院は非常に少ないです。

はまだ産婦人科

高知県高知市高須3丁目1-28

電話番号 088-882-0777
HP http://www.hamada-hp.or.jp/

無痛分娩に対応しています。
方法や分娩の流れについて、費用など詳しいことは
直接問い合わせてください。

分娩費用は自然分娩費用の一時預かり金30万円です。
退院時に清算となりますので、こちらについても
問い合わせてください。

個別に相談することで対応してくれる可能性のある病院を
いくつかピックアップしてみました。

具体的な方法や費用については確認できませんので、
直接問い合わせてください。

高知医療センター

高知県高知市池2125番地1

電話番号 088-837-3000
HP http://www2.khsc.or.jp/

こちらの病院の前身である高知市立市民病院の産科では、
希望者へは硬膜外麻酔による無痛分娩を行っていました。

高知県内では数少ない無痛分娩可能な産科だったので、
現在の医療センターでも行っている可能性があります。

受け入れ可能かどうか、費用の件などは問い合わせてください。

北村レディスクリニック

高知県香南市野市町西野551-3

電話番号 0887-56-1013
HP http://www4.ocn.ne.jp/~w-kita/index.html

公式サイト上では無痛分娩については確認できません。
ソフロロジー法・アロマセラピーを中心とした自然分娩が基本です。

無痛分娩を行っているか、また可能な場合の流れや
分娩費用、無痛分娩に必要な費用については問い合わせてください。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩できる病院
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.