無痛分娩の体験談

自然分娩予定だが痛みに耐えられず、無痛分娩を行なった体験談

更新日:

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

先に破水をしてしまっての入院で、陣痛促進剤を投与したので、急激に陣痛がやってきました。

早朝からだったので、何も食べずに入院だったのですが、お腹がすいているにもかかわらずもう2、3分間隔の陣痛で全くご飯も食べられない。そんな姿を見て、看護師さんの勧めと、私の母の「無痛にしていいよ」の言葉に、切り替えました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

6時間くらい。

無痛分娩出産の費用を教えてください。

35万円ほど(無痛にした場合、通常よりプラス2万円程度でした)

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

近くの産婦人科が無痛分娩もやっている医院で、通いやすかったのでという理由で通院していました。

当初は、無痛?いやいや、普通に産みますから、と言っていましたし、生まれる瞬間も見れますよと言われましたが、想像できなくて、見なくていいですと言っていました。

いざ出産の段になると、自宅で先に破水してしまい、10分間隔の陣痛を経験する間も無く、陣痛促進剤とふうせんで急激な陣痛。お腹はペコペコなのにご飯は食べられない。2、3分間隔なのに痛い痛い騒いでいると、看護師さんにも再三「無痛にしますか?」と言われ、母にも言われ、ついに折れました。

麻酔を背中に打つのですが、打ってすぐに効くわけではなく、痛みは若干ありました。看護師さんに「痛みはどうですか?」と聞かれたので、「少し痛いです」と言うと、さらに麻酔を追加されました。

ほどなく、ほとんど痛みを感じることがなくなり、ただお腹が張るのは感じました。陣痛の真っ最中だと思えないほど楽になり、友人にメールを打つ余裕があるほどになりました。

それから、しばらくして先生の診察でいよいよ分娩に入ることになりました。

ただ、無痛であってもいきまないと生まれないので、いきんだりお腹を押されたり。頭が見えてきたときに、先生が「赤ちゃんの頭が見えましたよ」とカメラで見せてくれました。おそらく普通だったら「そんなのどうでもいいから!」と叫んでいたと思いますが、逆にこんなに冷静に見れるということに対して、経験できないことだととても感動しました。

産後すぐに冷静に子どもを抱くことができました。また、頭痛がしたため、鎮痛剤を打たれてすぐに眠ってしまいましたが、非常に軽いお産だったと思います。出血も少なく、処置も早く終わりました。産むときの最大の痛みを経験していませんが、子どもが泣いて眠れなくても、かわいくて仕方ないと思いました。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.