無痛分娩の体験談

初産で無痛分娩を選択し全く痛まず楽に出産できた体験談

更新日:

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

もともと痛みには弱かったので出産と言う未知の世界は恐怖そのものでした。
なにげなくテレビを見ていたら無痛分娩が取り上げられていて、体験した人も出産直後とは思えないくらい元気。

この日から私の出産に対する意識が変わり、出産する時は絶対に無痛分娩にしようと思いました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

4時間半

無痛分娩出産の費用を教えてください。

65万円

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

私の通っていた産院は、無痛分娩は基本計画的に行うとの事でした。
計画出産の場合、前処置があるとの事で少しドキドキしていましたが出産日2日目に破水しそのまま入院になりました。

その時の子宮口は3cm。前処置などはなく、陣痛促進剤の点滴をしました。
麻酔のタイミングはいつでも良いとの事でしたが、麻酔も痛そうだったのである程度の陣痛が来てから打ってもらう事にしました。

促進剤投与から1時間経過、何も変わりがありません。
このまま何時間も過ぎてしまうのでは?と少し不安になりました。
そして2時間経過したあたりから、少しずつ陣痛らしい痛みが襲ってきました。

でもまだ耐えられる痛み。
もう少し我慢してから麻酔を打ってもらおうと思っていたのですが、急にその痛みが増してきました。
そんなときに限って看護師さんが近くにいなくて陣痛に耐える時間がとても長く感じました。

やっと看護師さんが近くにきたので、麻酔をお願いすると今度は順番待ちに。
陣痛が痛くてどのくらい待ったのかは覚えていません。

やっと麻酔を打ってもらう時がきたのですが、この時すでに子宮口は9cm。
かなり強い陣痛がきていました。痛すぎて麻酔を打ってもらう姿勢が辛かったのを覚えています。

麻酔はすぐに効くかと思いきや、私の場合なかなか効かない体質なのかしばらく経っても痛みがなくならず不安でした。
痛みがなくならないまま再び陣痛が強くなり再度麻酔を入れてもらい、痛みがなくなるまで2時間くらいかかったと思います。

麻酔が効いてからは、もう天国のようで赤ちゃんが降りてくるまで寝て待っていられるくらいでした。
それくらい痛みが嘘のようになくなりました。
でもちゃんとお腹が張っている感覚はわかります。

そしていざ出産のとき。
よく無痛分娩はいきみにくいと言われますが、先生がいきむタイミングを教えてくれたのでいきみにくいとは特に感じませんでした。
何かはさまってるような感覚があったと思った瞬間、生まれましたよ~と言われました。

本当に痛くなかったです。
裂けた部分を塗っているときも全然痛くなく産後の回復もとても早くて、出産したのか?と思うくらい元気でした。
これなら何人でも生める!と思いました!

今2人目妊娠中ですがもちろん無痛分娩で出産します。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.