無痛分娩の体験談

フランスで無痛分娩出産をした方の体験談

更新日:

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

私はフランス在住なのですが、こちらでは無痛分娩出産が一般的であり自然な流れでそうなりました。
でももし日本で出産したとしても自分自身痛みに弱いということと、分娩後の体力の回復が早いと言われている無痛分娩出産を選んだだろうと思います。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

一人目は陣痛が来てから4時間弱、二人目は3時間弱かかりました。

無痛分娩出産の費用を教えてください。

フランスでは保険適用になっているため無料でした。

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

二人出産しましたが、どちらも無痛分娩出産でした。
一人目の時は計画分娩の予定で麻酔下で陣痛誘発剤を使って出産の予定でしたが、陣痛が自然に始まってしまい、その時一人しかいなかった麻酔科の医師が帝王切開につきっきりでなかなか来てくれず、強い陣痛に数十分耐えました。

その後麻酔を打ってはもらえましたが、効ききらないうちにあらよあらよと分娩が始まってしまい、結局あまり麻酔が効いていない状態の出産となってしまいました。もちろん、その後の胎盤の処置、縫合なども痛みを感じながらという予想していない展開になってしまいました。

対して二人目の時は陣痛が始まってクリニックに到着し、幸いにも麻酔科は手が空いている状態ですぐに硬膜外麻酔を打ってもらえ、分娩まで余裕があったのでしっかり麻酔が効き、とてもリラックスして主人と談笑しながら全く痛みを感じることなく出産することができました。もちろんその後の処置も医師が触れていることはかろうじて分かりましたが、全く痛みを感じませんでした。

硬膜外麻酔は背中に打ちますが、少しちくっとする程度でそれほど痛いものではありません。何よりもお産に伴う体力消耗がそれほどありませんので、出産後も元気にすぐ動き回ることができたほどです。

麻酔が良く効かず苦しんだ一人目のときは本当に運悪くタイミングが悪かったんだと思います。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.