和痛分娩の体験談

香港で無痛分娩で陣痛の痛みなく楽に出産した体験談

更新日:

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

海外(香港)での出産で日本とは入院のシステムも違い、短い入院生活のあと退院後に頼れる人も少なかったため、せめて分娩に関する負担は軽くしようと思ったのと、滞在先(香港)では帝王切開か無痛分娩が主流だったため対応している病院や医師も充実していて安心できたから。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

朝6時に微弱陣痛が始まって18時に出産が終わったので12時間

無痛分娩出産の費用を教えてください。

入院合わせて56万円

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

微弱陣痛が起きて病院(香港)に着くと個室に通され、諸検査を行った後にさっそく腰に注射を。
これが痛い、と事前にいろんな雑誌などで見ていたのでドキドキしていたのだが注射する人が上手だったのか普通の注射と変わらずあっという間に刺さってしまった。

すぐに麻酔をするのではなく、陣痛の経過を見ながら耐え切れなくなったらナースコールしてくださいと言われ待つ事数時間。

定期的にチェックしてくれる香港の助産師が子宮口5センチ開いたね、と言ったくらいから陣痛がきつくなってきてナースコール。
一度目の麻酔を入れてもらう。すーっと腰を中心に痛みが軽くなっていってその後はテレビを見ながらリラックスして経過観察。
子宮口が全開に近づいても、医師が来て促進するために人工的に破水させた時も全く傷みはなし。

いよいよ分娩、になった時は初めての出産と言う事と痛みがないのでいきむのが難しかったけれど
お腹が張る感覚はあるし、モニターでも波がどうやってきているのかを目で見る事ができたので
それらと助産師の声かけに合わせていきむ事数回で無事に出産しました。

産後の会陰縫合も麻酔が効いているのでそのまますることも出来、
陣痛が来て出産までは12時間かかったものの分娩自体は2時間もかかっていないため
産後の回復も早かったように思っています。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-和痛分娩の体験談
-, , , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.