無痛分娩の体験談

子宮口が5cmに開いてから無痛分娩の麻酔を開始した体験談

更新日:

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

出産する時の痛みは鼻からスイカが出るようだという事を聞いたことがあり、出産に対する恐怖がありましたのでそれを軽減できるかと思い選びました。
また身長がとても低く骨盤も人よりも小さいと思われたので、難産になる可能性も高いのではないかと思い無痛分娩にしました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

1日半かかりました。

無痛分娩出産の費用を教えてください。

10万円

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

初めての出産。出産予定日よりも1週間ほど早く早朝に陣痛のようなものを感じたので急いで出産予定の病院に連絡をして向かいました。
様子を見るためにその後3時間ほど陣痛の波を病院でチェックして頂きましたが、まだ子宮口も2センチほどしか開いておらず、
本当に出産する時になるとそんな風に笑って歩いていられないから出直して下さいと言われ、自宅に帰されました。

その後家で大人しく過ごしていましたが、夕方頃に立てない位の痛さになり、これ以上家で待つと痛くて病院まで行けなくなるのでは
ないかと思い、再度病院に行きました。
それでも子宮口は3センチとのことでしたが、そのまま入院し出産することになりました。

その後も痛くて痛くてどうしようもなく、早く麻酔を入れてもらい楽にして欲しかったのですが、子宮口が5センチまで開かないで
麻酔をしてしまうと陣痛が止まって出産が長引く恐れがあるということを言われ、痛いままで8時間ほど経過しました。
そしてやっと子宮口が5センチまで開き、麻酔を入れてもらいました。

麻酔を入れてもらったのは夜中の2時でしたが、その後は痛みも引きゆっくりと睡眠ができる程になりました。
自分自身はやっと楽になれてよかったのですが、そのまま陣痛が止まってしまい、結局その後いつ産まれるかという状態になり、
医師からの提案で10時間後に破膜をして破水させ、ようやく出産することができました。

いざ出産という時も生理痛程の痛みしかなく、「いきむ練習をしますね」と看護婦さんに言われ練習をしているのだとばかり思っていたら
そのまま産まれていたという状態でした。

子宮口が5センチ開いただけで死にそうな痛みでしたし、麻酔をしないまま子宮口が10センチまで開くのを待つなんて考えられなかったので
無痛分娩にして本当に良かったと心から思っています。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.