無痛分娩の体験談

神戸市松岡産婦人科クリニックで無痛分娩をした口コミ体験談

更新日:

無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:松岡産婦人科クリニック
住所:  兵庫県神戸市北区緑町1-6-18 
電話番号:078-582-0003
サイト:http://www.ms-cl.com/

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

自分自身、痛みに弱い自覚があったので、出産するなら絶対に無痛分娩と決めていました。
妊娠前から、無痛分娩を実施している産院をネットで調べていました。車で1時間くらいのところだったので、許容範囲だと思い決めました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

夜18時にバルーンを入れ、次の日の夜18時に出産しました。

無痛分娩出産の費用を教えてください。

普通分娩費用40万ほどに、+麻酔代3万ほどでした。

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

産院が自宅から車で1時間のところだったので、陣痛が来てから行くのは不安なため、計画分娩にしてもらいました。
遠くない人は、自然な陣痛を待つ方針のようです。

昼過ぎに入院し、夜18時にバルーンを入れました。

バルーンもまったく無痛のものでしたが、おなじ日に入院した妊婦さんは、バルーンは怖いから嫌だ、と言うと、バルーンなしでがんばってみましょう、とのことでバルーンを入れない代わりに、夜の間、院内の階段を上り降りするように言われて、長い間歩いていました。

無痛分娩したくて来ている妊婦さんが多いので、普通の産院なら「我慢しなさい。」と言われてしまうようなことでも言いやすかったです。
自分ではかなり痛がりなほうだと思っていましたが、そこでは私は我慢強い方の人のようで笑いました。
夜じゅう歩いた、同じ日に入院した痛がりの妊婦さんは、少し時間はかかりましたが無事出産してらっしゃいました。

普通の産院なら、バルーンが怖いから嫌だなんてなかなか言えなかったと思います。言っても「我慢しなさい。」と一蹴されていたと思います。

翌朝には生まれるだろうと言われましたが、赤ちゃんの向きが悪かったようで時間がかかり、生まれたのは翌日の18時でした。夜にバルーンを入れてから少し痛みはありましたが強くなく、次の日の朝までぐっすり眠りました。

翌朝7時ごろに陣痛促進剤の点滴を始めると陣痛がきたので、背中に硬膜外麻酔をしてもらいました。
まず皮膚表面に麻酔をかけてから硬膜外麻酔の注射を打ったので、痛みはありませんでした。

そこから時間はかかりましたが、「痛くなりそうならいつでも言ってね。」と看護師さんが言ってくださったので、少し痛みがあるとすぐに伝えて、そのたびに麻酔を足してもらいました。

麻酔のおかげで生む瞬間も落ち着いて主人としゃべっていました。とてもリラックスしながらのお産でした。もしもう一度出産するなら、そのときも絶対に無痛分娩で産みます。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.