無痛分娩の体験談

一人目初産のとき無痛分娩が失敗に終わった出産体験談

更新日:

無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:恵愛病院
住所:埼玉県富士見市針ケ谷526-1   
電話番号:049-252-2121
サイト:http://www.keiaihospital.or.jp/

恵愛病院で無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

まず第一の理由は、歯医者が怖くて行けないくらいの怖がりの私なので、出産の痛みに耐えるなんて考えられなかったからです。もうひとつの理由は、里帰りする実家に一番近い病院に無痛分娩がちょうどあったからです。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

一人目の時は8時間くらいで、二人目は11時間くらいです。

恵愛病院の無痛分娩出産の費用を教えてください。

11万円です。

恵愛病院の無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

まず一人目の時ですが、恵愛病院は計画入院なので前日に入院をしました。
入院をして入院説明を受けてすぐにバルーンという子宮口を広げる処置をしました。

ネットなどの口コミでは痛い意見が多かったので怖かったですが、私の場合は全く痛くなく処置も数分で終わりました。
恵愛病院は夜間や休日に陣痛が起きたら無痛分娩ができないという決まりらしく、朝までに陣痛が来たらどうしようかとハラハラしていました。

バルーンを入れるとそれ以上することなく病室で夕食を取ったり、テレビを見たり出産前なのかと疑ってしまうくらいでした。
時間が経つにつれて下腹部が痛くなって来ましたがその時は、バルーンのせいだろうと思って気にしないようにしました。

就寝の時間になったら、安定剤をいただき床につきました。緊張であまり眠れませんでした。
やっと寝れたと思ったときおしっこしたさに目が覚めました。

すると、バルーンが外れてしまいました。
バルーンが外れると子宮口が開いた証拠らしくベットに戻るとドキドキして寝れない状況になりました。

そうこうしてるうちに急激に陣痛が起きて、破水もして夜間に出産になってしまい無痛分娩が間に合わなくていわゆる失敗になってしまいました。

二人目の出産の時も同じく無痛分娩を選択しました。
同じく前日に入院し、バルーン処置をしました。

二人目の時は無事に次の日の朝までもち、無痛分娩を出来ることになりました。
まずは、陣痛促進剤を点滴して子宮口5㎝になるまで耐えます。一人目の時に陣痛に耐えた私は子宮口5㎝くらいはへっちゃらでした。

子宮口5㎝になると麻酔の先生が来て、硬膜外麻酔を背中に注射されました。陣痛と同時に注射されるので全く痛くありませんでした。

麻酔をすると痛みが全部消え夢のような気分でした。感覚は残っているのでいざ出産時も無事に産めました。
麻酔をしてからは1度も痛くありませんでした。

一人目の時は間に合わず失敗になりましたが、痛みを知ってるからこそ無痛分娩のよさが分かりました。
もちろん一人目から無痛分娩も良いですが二人目からもおすすめです。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.