無痛分娩で自閉症のリスクがあるってホント?





images

無痛分娩と自閉症のリスクを関連付ける人たちがいます。

無痛分娩を考えているけど、自閉症にあるリスクがあるなんて・・?

根拠のない噂を信じて、無痛分娩を諦めてしまう人がいるようです。

本当にそのような自閉症になるリスクがあるのか、
調べてみる必要があると思います。

アメリカでは自閉症になる確立が高い?というウワサ

無痛分娩が多いアメリカやフランスなどを引き合いに出して
自閉症のリスクを疑う人がいます。

アメリカでは80%の人が無痛分娩を選ぶようです。
それほど多くの方が選択しているので、自閉症に限らずに
障害を持った赤ちゃんが生まれる確率が高くなるだけのことです。

無痛分娩と自然分娩の出産ケースを同じように比較して
算出した統計でなければ、関連付けることはできません。

自閉症のリスクは後天的なことが原因ではない

無痛分娩時の麻酔によって自閉症のリスクが高くなるということは
まったく根拠のないことのようです。

障害の中には、妊娠中の服用薬が原因のものもありますし、
分娩時のトラブルで起こる場合もあります。

非常に厳しい現実ですがこれらのことはどのような分娩方法でも
同じように起こる可能性があるのです。

しかし、自閉症は後天的なことが原因ではないので、
分娩方法によってリスクが高くなるとは考え難いのです。

よって、無痛分娩で自閉症のリスクがあるという噂は全く信用できません。

安全が確立されているからこそ、医療先進国のアメリカでは
広く浸透している出産方法だということを理解しておきましょう。

赤ちゃんが生まれるまでは、誰でも心配することです。
ですが、根拠のない話に惑わされてしまわないように
情報は正しく得るようにしてくださいね。





このページの先頭へ