無痛分娩とは

日本ではなぜ無痛分娩が広まらないの?

更新日:

日本以外の先進国では無痛分娩の普及率は高く、欧米では80%もの妊婦が無痛分娩を選択すると言われています。
しかし、日本では無痛分娩を希望する妊婦は増えているものの、未だ全分娩の数%程度の割合となっています。

その原因には日本独自の医療環境や風土が関係しているようです。

日本の医療事情

無痛分娩とは、麻酔を用いて陣痛や子宮の出口が引き伸ばされることによる痛みを緩和する分娩方法です。

リスクが全くないわけではありませんが、出産の痛みによる疲労やストレスがなくなるため、出産時の体への負担が軽減されます。
そのため、産後の回復が早いことが大きなメリットとされています。

しかし、日本では欧米諸国に比べ、麻酔科医の数が圧倒的に不足しています。
当然、無痛分娩の麻酔の研修を受けている麻酔科医の数も少なく、産科医が自ら麻酔を行う事も多いようです。
そのため、無痛分娩が可能な産院はかなり少なく、希望をしても近くの産院では対応できない、などのケースもあるようです。

出産に対する独自の感覚

日本では「お腹を痛めて産んだわが子」という言い回しがあるように、陣痛の痛みを経験してこそ一人前の母親になれるという風潮があります。
特に自然分娩が当たり前だった年配の方にその傾向は強く、やむを得ず帝王切開を選択した場合でも「楽をして出産した」と言われてしまう事さえあります。

また、健康な体に対して麻酔を使うことに対する抵抗も、日本では少なからずあるようです。
自分の周囲でそのような考え方が一般的だった場合、無痛分娩をしたくてもあきらめるケースもあるでしょう。

まとめ

このように、日本独自の環境や風土によって無痛分娩の普及率は現時点ではあまり高くありません。
しかし、高齢出産が増えている現状を考えると、体への負担が少ない無痛分娩の普及は今後日本でも進んでいくかもしれません。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩とは
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.