妊娠出産コラム

自宅出産の費用ってどのくらい?

更新日:

出産と言えば病院でするもの、と思い込んでいませんか?
しかし最近、自宅出産という方法を希望する人が増えているようです。

そんな自宅出産の費用が一体どのくらいかかるのかを調べてみました。

自宅出産の方法

基本的には正常妊娠で経過もよく、トラブルなどがないと判断されれば自宅出産を選択することができます。
自宅出産と言っても、全くの素人の自分たちだけで出産する、というわけにはいきません。
基本的には自宅出産に対応している助産院を探し、出産時に助産師さんに来てもらうという形になります。

妊婦健診の費用

病院で出産する妊婦さんは、基本的に出産する病院で定期的に妊婦健診を受診します。
自宅出産をする場合の妊婦健診は、助産院で行うことが多く、出産が近くなると自宅で行うケースもあるようです。
また、超音波検査などの病院でしか行えない検査は病院で受けることになります。
この妊婦健診の費用は1回あたり、5,000円程度が多いようです。

自治体によって妊婦健診の費用を補助してくれる制度があります。
しかし、助産院では補助の申請方法が異なっている場合があります。
自宅出産を希望する場合は妊婦健診の補助について調べておきましょう。

一般的な出産費用の内訳と自宅出産の費用

出産費用には、分娩費、入院費、食事代、新生児管理費などが含まれます。
病院での出産の場合、病院によって異なりますが、費用の合計は40万〜60万程度が一般的なようです。
ただし、健康保険から出産一時金が支給されるため、すべてを自分で支払うわけではありません。

このうち、一番費用の割合が高いのは入院費です。
自宅出産を行う場合、この入院費がかからなくなります。

入院費がかからない代わりに助産師さんの出張費用などが必要になる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。
自宅出産での費用のトータルはおよそ30〜35万円程度が一般的なようです。
自宅出産でももちろん出産一時金を受け取ることができます。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-妊娠出産コラム
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.