妊娠出産コラム

妊娠中の鉄分不足に要注意!サプリで補おう!

更新日:

妊娠中期以降になると、鉄分不足が起こり、貧血になる妊婦さんが多くなります。
そこで、妊娠中に鉄分不足になった場合の影響や、鉄分不足を防ぐ方法について調べてみました。

妊娠中はなぜ貧血になる?

貧血には様々な要因がありますが、妊娠中に起こる貧血はほとんどが鉄分不足によるものです。
妊娠中は赤ちゃんへ栄養を送り届けるため、血液量が多くなります。
血液量は妊娠初期から徐々に増加し始め、妊娠中期頃には通常時の40%程度も増加しています。
しかし赤血球の数はそれほど増えないため、血液が薄められた状態となり、貧血になってしまうのです。

妊娠中に貧血になると、まず妊婦さんの体調に影響が出ます。
めまいやふらつきが起こったり、出産時の出血量が増える可能性があります。
また、母乳は血液からできるため、出産後に母乳の出が悪くなる場合もあります。

お腹の中にいる赤ちゃんは、自分の成長に必要な栄養素は母親の体から吸収していきます。
しかし、鉄分不足の状態のまま放置して貧血が悪化すると、赤ちゃんにも影響が出る可能性があります。
鉄分不足により発育が遅れたり未熟児になるなどの影響も考えられます。

妊娠中の鉄分不足を防ぐには?

妊娠中は通常時の倍程度となる20mgが鉄分摂取の目安となります。
鉄分が多く含まれるのはひじき、ほうれん草、赤身の牛肉など様々な食品があります。
普段からなるべくこれらの食品を取り入れ、鉄分不足を防ぐようにしましょう。

また、鉄分は牛肉やまぐろなどの動物性たんぱく質と一緒に摂取することで、吸収力が高まります。
逆に鉄分の吸収を妨げるものとして、コーヒーや緑茶などに含まれるタンニンがあります。
カフェインも妊娠中にはあまりよくないため、これらの飲み物はなるべく避け、飲む場合は食後30分以上が経過してからにしましょう。

それでも鉄分不足になってしまう場合は、妊婦さん用に販売されているサプリメントなどで補いましょう。
また、かかりつけの医者から鉄剤を処方された場合は、体調に異常が出ない限り、なるべく継続して服用してください。

まとめ

妊娠中は赤ちゃんへの栄養が最優先となるため、これまで通り生活していても不足する栄養素が出てきます。
食事にも気を付けつつ、薬やサプリメントの力も借りて健康な妊婦生活を送りましょう。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-妊娠出産コラム
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.