高齢出産の不安

一人目の出産で意識消失した体験談

更新日:

高齢出産の心配や不安を教えてください。

高齢出産の心配事といえば、なにより気がかりなこと

妊娠高血圧症候群にかかりやすい。

私は、一回めの出産の際に「意識消失」になってしまいました。

今、年齢も年齢で、でも、一人だけの子供はやっぱりいやで、二人目も、考えているのですが、やはり、二人目となると、年齢的に「35歳」を超えてしまうことは仕方ないのですがこの、妊娠高血圧症候群が、ふつうの人だとおよそ10%ですが35歳こえてしまうと14~18%にはねあがってしまいます。

これは年をとるこによって卵巣機能や血管の弾力性が弱まり発生頻度があがるのです。
こればっかりは、どーしょうもないことで早く産みたいと思ってもこれもまた、年齢の壁で歳をとると、子供もできにくくなって不安です。

高齢出産で安産のために気をつけている(いた)ことを教えてください。

高齢出産で安産のために、まず気を付けないといけないことは、私の場合は「意識消失」の原因を探ることから始めました。

おさんの時に、意識をなくしてしまっては、出産の際、いきむこともできず母体ともに危険な状態になってしまうからです。

脳はMRI心臓検査(心臓は簡易てきなもので24時間心臓に機械をつけて、不整脈がないかたしかめる方法です)

先生と二回目の出産までに思いつく限りの検査を、しましたが結果、原因は「わからない」とのでした。

それ以上調べるにはカラダの中に機械をいれて3年・5年かけて調べなくてはいけなく、二人目をかんがえているわたしには到底そんなことはできませんでした。

なので、自分なりにきをつけるには普段から、倒れないよに食事や倒れた時の状況を細かくメモにとる今のところはこの2点でしっかり二人目を妊娠できるようきをつけています。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-高齢出産の不安
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.