妊娠出産コラム

妊活中におすすめの食べ物を紹介!

更新日:

「そろそろ子供がほしいね」と最近夫婦で話し始めた任活初心者さんもいらっしゃれば、「なかなか授かれなくて…」と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。
任活の背景は夫婦によって違いますが、「我が子をこの手で抱きたい」という想いはみんな一緒です。

まずは、毎日口に入れる食べ物から自分達の任活を見直してみませんか?
ここでは、身体の中から赤ちゃんを授かりやすくする環境へと変えていく、任活夫婦におすすめの食べ物を紹介していきます。

『任活女性』におすすめの食べ物

冷えを改善することが妊娠への近道だと言われています。
ですから、身体を温める効果がある食べ物を意識して取り入れることが大切です。

ショウガや唐辛子は、身体の中から温めてくれるので、カレーやお味噌汁に入れるなど、ひと工夫して食べると良いでしょう。

また、タマネギ・ダイコン・ゴボウ・ヤマイモなど、土の中で育った野菜も身体を中から温めてくれるので、たっぷりの根菜類を入れたスープもおすすめです。
その際は、料理の温かさが継続するように「とろみ」をつけましょう。
片栗粉よりも葛粉の方が身体を温める作用が強いので、葛粉を使うとさらに効果的です。

この他、任活サプリでも人気の「葉酸」がたっぷりと含まれているアボカドも任活で積極的に取り入れたい食べ物です。

『任活男性』におすすめの食べ物

任活は女性一人が行うものではありません。
夫婦で想いを共有し、一緒に励んでいくことが大切です。

もちろん、食べ物においても、男性の任活におすすめの食材があります。
それは、亜鉛が豊富な牡蠣やホタテ、ムチンが多いネバネバ系のオクラやヤマイモ、納豆などです。
亜鉛が不足すると、精子の数が減ったり、運動量がグンと低下するため、男性不妊を引き起こす可能性が高まります。
また、ムチンは精力増強に繋がるので、副食のひとつとして毎日積極的に食べるとよいでしょう。

これらの食べ物は、健康な身体づくりにもいいので、『任活のため、任活のため』と気負わずに取り入れることをおすすめします。
あまり、ストイックになりすぎると、それがストレスになることもあるので、『夫婦で仲良く元気に長生きするため』くらいの気持ちで実践してみましょう。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-妊娠出産コラム
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.