妊娠出産コラム

妊娠中にジャンクフードを食べたくなるのはなぜ?

更新日:

妊娠中は、酸味のあるものが食べたくなったり、今までそんなに好きではなかったものを無性に欲したりすることがあります。

中には、「最近お酒が美味しくなった…どこか良くないのかな」と心配していた矢先に、妊娠発覚!という人も。
また、意外によく聞くのが、ファストフードのポテトやハンバーガーが食べたくて仕方なかったというケースです。

「今までも決して嫌いではなかったけれど、ここまでジャンクフードばかりを食べたくなるなんて…」と、妊娠中だけに身体や体重の増加を心配する妊婦さんも多いと思いますが、どうして妊娠中はジャンクフードが食べたくなるのでしょうか。

そもそもジャンクフードって何?

ジャンクフードっていうと私の場合はハンバーガーを思い浮かべます。
他にもスナック菓子やホットドッグ、炭酸のジュースなんかもジャンクフードですよね。

ジャンクフードは栄養は偏っているとわかっていても食べたくなるときがあります。
それが特に体が健康で特になにも心配することがないときならいいですが妊娠中はちがいますよね。

とはいっても妊娠中ジャンクフードが食べたくなる人って多いです。
わたしもそうでした。

でも赤ちゃんに悪影響があるのではと最初の妊娠のときはジャンクフードは食べたくても食べませんでした。
とはいってもジャンクフードって身近にあふれているので気づかずに食べてしまったものもあります。

妊娠中にジャンクフードが食べたくなる理由は?

妊娠中にやたらジャンクフードが食べたくなるのは、悪阻の一種です。
その原因は、妊娠によってホルモンバランスが変化し、その影響で自律神経までいつもとは違う状態になるからだと言われています。

では、数ある食べ物の中で、どうしてジャンクフードなのでしょうか。
それは、妊娠中に様々な味覚変化がありますが、中でも塩味の感度だけが著しく低下する妊婦さんがジャンクフードにはまるようです。
また、塩味を食べると吐き気が弱まる傾向にある妊婦さんは、特に外出先でジャンクフードを食べたくなると言われています。

ジャンクフードはどうして妊娠中危険なの?

妊娠中は赤ちゃんの影響も考えて食生活は気を付けなければいけません。
ジャンクフードは妊娠中食べないほうがいいと普通は考えますよね。

なぜならジャンクフードはエネルギーは高いですが栄養的に非常に偏っているからです。
油や糖分や塩分がふんだんに使われています。

特に妊娠中は塩分は気を付けなければいけません。
なぜなら妊娠中は塩分を摂りすぎると妊娠中毒症に陥ってしまう危険があるからなんです。

妊娠中塩分を過剰に摂取すると血圧の上昇や蛋白尿、むくみがでやすくなります。
そうなると妊娠中毒症の疑いが出てきます。

妊娠中毒症が悪化すると脳出血やけいれん症状、腎臓・肝臓の機能障害が起こることがあります。
しかも赤ちゃんへも悪影響が起こります。

妊娠中に妊娠中毒症にかかると胎盤からうまく栄養がわたらず赤ちゃんが発育が順調に札たなくなります。
そうなれば低出生体重児が生まれてくるリスクも高まります。

生まれる前の赤ちゃんが胎盤からはがれてしまうことだってあり得ます。
最悪子宮内で赤ちゃんが死んでしまう危険性だってあります。

妊娠中はつわりやホルモンのバランスで偏った食生活になりがちです。
ジャンクフードばかり食べていると母体だけでなく赤ちゃんも危険にさらされるようになるのです。

どうしても妊娠中にジャンクフードを食べたくなったら?

妊娠中はいつもより食事に気をつけたいところですが、昔に比べると、「悪阻中は食べれるものを食べたらよい」と言われることが多くなってきました。

とは言っても、ファストフードの食べ物は塩分がとても多いので、過剰に食べ過ぎるとむくみが出てきたり、高血圧になりやすかったりと、心配事が出てきます。
最悪の場合には、妊娠高血圧症候群にかかる危険もありますので、ジャンクフードを食べる量と頻度は節度が大切です。

妊娠中にジャンクフードが恋しくなるマタニティの皆さん、決して珍しいことではないのでどうぞご安心ください。
しかし、上記にも触れましたが、食べ過ぎは禁物です。

全部食べずにあえて残すように気をつけたり、酸化した油を避けるために家で手作りジャンクフードを作ってみたりと、少し頑張ってひと工夫してみましょう。

妊娠中でも工夫すればジャンクフードもOK!

とはいってもジャンクフードは無性に食べたくなる時がありますよね。
かくいう私も妊娠中ジャンクフードの誘惑に勝てませんでした。

2回目の妊娠のときはロッテリアによく行きました。
でも妊娠中毒症はなりませんでした。

たしかにジャンクフードは妊娠中よくないです。
だからといってジャンクフードをまったく食べてはいけないというものでもありません。

ジャンクフードの食べすぎはよくありませんがたまに食べる程度であれば大丈夫です。
それにジャンクフードの偏った栄養を他のもので補えばいいのです。

ジャンクフードを食べるときに不足している野菜を積極的に摂取しましょう。
野菜ジュースや野菜サラダを追加したり、食後に果物を摂るようにしたらいいと思います。

わたしはハンバーガーでもレタスが入っているものを注文するようにしていました。
インスタントラーメンでもワカメやコーン、玉子などを追加するといいですね。

あとは食べ過ぎないように小分けに食べたりする工夫もしましょう。
ちょっとの工夫で塩分や糖分を緩和できるのです。

妊娠中はストレス厳禁!

妊娠中過剰な塩分も危険ですがストレスも厳禁です。
思うようにいかない体とつわり。

ジャンクフードの我慢がすごいストレスになるのでは本末転倒です。
ストレスが赤ちゃんに与える影響だって考えなければいけません。

さすがに毎日ジャンクフードでは危険です。
たまにはジャンクフードも食べてよいでしょう。

ジャンクフードを食べたら、しばらく低カロリーでバランスのとれた食生活をするとかすれば大丈夫です。
いろいろ工夫をしてみてください。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-妊娠出産コラム
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.