Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

浜松医科大学医学部付属病院で無痛分娩出産をした体験談





無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:浜松医科大学医学部付属病院
住所:   浜松市東区半田山一丁目20番1号
電話番号:053-435-2111
サイト:https://www.hama-med.ac.jp/hos_index.html

無痛分娩出産やソフロロジー出産を選ばれた理由は何ですか?

私は海外に住んだことがあった経験があります。(アメリカ、ドイツ)海外アメリカでは無痛分娩が当たり前で、ドイツでは無痛分娩と、普通分娩を選べると聞いていてそんなに多くの女性が無痛分娩をしているなら大丈夫だろうという安心感と、私自身痛みに弱く、けがで気を失うこともたびたびあったので、生むなら無痛分娩と決めていました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

9時間

無痛分娩またはソフロロジー出産の費用を教えてください。

46万8千945円

無痛分娩またはソフロロジー出産の体験談をお聞かせ下さい。

無痛分娩は計画分娩で、医師から出産してもいい時期に達した段階で一日前から入院という形をとります。
予定日の前日は子宮口の開きをよくするために、海草から抽出したステック状のものを子宮に入れましたが、私の場合その処置がきっかけで夜から朝にかけて軽い腰痛的な症状がでました。

後に看護婦さんに伝えたところ、軽い陣痛がすでに始まっていたのかもしれないといわれました。

次の日は朝早くから陣痛促進剤を使い、人工的に陣痛を起こさせてのスタートでした。 そのスタートの段階から、産婦人科の先生がつきっきりでそばにいてくれたので、安心感がありました。

時間的にはそんなに経っていないのでのですが、陣痛がスタートし始めてから先生に痛くなってきたことを伝えると麻酔を始めてくれました。
このときから、麻酔科医の先生もやはりずっと私の元で見守っていてくれました。

痛みがまるきりないというよりは、生理通の時にジンとする感覚に似ている痛みです。

それでも陣痛を感じていた時とは比べ物にならず無い様な物でした。

いよいよ陣痛の方が本格的にスタートし始めてという状況で、陣痛の波にあわせてプッシュしてくださいという状況になったとき、困ったたのがおなかが張るような感覚になったらプッシュの支持を受けたのですが、その感覚が麻酔で消えているので、つかみにくいものでした。

それでも無事出産を終えて、元気な赤ちゃんを産めました。産後も思ったよりも、体が楽で、無痛分娩で体への負担が少なかったからだと思っています。





このページの先頭へ