妊娠出産コラム

妊娠中に虫歯が痛い!歯医者の治療はOK?

更新日:

赤ちゃんを授かって喜んでいたら、突然歯がイタタタタ…。
「任活の前に歯医者さんで虫歯チェックしておいたほうがいいよ!と、友人からあれだけアドバイスをもらっていたのに…」と、『後の祭り』状態の妊婦さんも少なくありません。

できるだけ我慢したいけれど、虫歯の痛みを我慢するのは限界がありますよね。
しかし、妊娠中に歯医者で虫歯治療をしてもらっても大丈夫なのでしょうか。

妊娠中の虫歯治療は時期が大切!/h3>

妊娠中の虫歯治療は、安定期から妊娠7カ月の間だとほとんど問題ありません。
それ以外も、もちろん虫歯治療はできるのですが、妊娠初期の場合は過度なストレスを避けるために、応急処置程度の治療で済ませる歯医者が多いようです。

それから、妊娠後期はお腹が大きくなっているので治療時の仰向き体勢はきつくなってきます。
さらに、虫歯治療が完治しないまま出産するケースもあるため、妊娠後期の虫歯治療は応急処置に留めておくことが多く、産後に落ち着いてからゆっくりと治療するように勧められます。

妊娠中の麻酔やレントゲンが心配…

妊娠中の虫歯治療で一番心配なことは、麻酔やレントゲンのことではないでしょうか。
しかし、使用する麻酔は無痛分娩でも使われるもので、体内で分解された後に尿として排出されるため、胎児に影響はありません。

また、妊娠中の虫歯治療で行うレントゲンも、首から下に鉛のエプロンを当て、口だけを撮すためお腹への影響はほとんどありません。
ほよどの必要性がない限り、妊娠中の虫歯治療でレントゲンを撮らない歯医者も多いので、「やっぱり心配だから極力レントゲンは避けたい」と人は先生に相談してみましょう。

妊娠中はいつもより念入りに歯磨きを

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
それに、つわりがひどい時は、歯磨きをするとさらに吐き気を催すこともあるので、歯のケアが十分にできていないことが虫歯の原因になることもあります。

そのため、妊娠中はなるべく丁寧なブラッシングを心掛け、体調が優れない時は液体歯磨きなどでこまめにケアをしていくことが大切です。

以上のことからも分かるように、妊娠中でも虫歯治療が可能なので我慢しないで歯医者へ行きましょう。
但し、妊娠中に歯医者に行く時は、母子手帳を持参して「いま、妊娠しています」ということを受付にきちんと伝えることが大切です。
また、切迫流産の可能性など、現在の状況に心配事がある場合は、先に掛かり付けの産院のドクターに相談することをおすすめします。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-妊娠出産コラム
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.