妊娠出産コラム

妊娠中に親知らずが痛い場合、抜歯はOK?

更新日:

今まで特に大きな痛みを感じたことがなかったのに、妊娠してから親知らずが疼き始めた…という妊婦さんは、激しい痛みもさることながら、出産までのことを考えると不安も大きいですよね。
そんなみなさんが共通して言えるのは、「よりによってどうして今…」という思いです。

しかし、現実として妊娠中の今、親知らずが痛み始めたのですから仕方ありません。
親知らずが痛む場合、その歯を抜歯するということをよく耳にしますが、果たして妊娠中でも親知らずを抜歯しても大丈夫なのでしょうか?

妊娠中の親知らずはなるべく抜歯せずに応急処置/h3>

一般的に、親知らずの抜歯は、歯の場所や生え方によっても大きく違いますが、他の抜歯に比べて腫れがひどかったり、激しく痛んだりすることが多いと言われています。
それらの症状が見られる時は、腫れなどが緩和するまで痛み止めや抗生物質を何回も服用するようになるので、妊娠中の親知らずの抜歯はできるだけ避けた方が良いでしょう。

歯医者さんに妊娠中だいうこと伝えると、洗浄&消毒や妊婦でも服用できる薬の処方など、可能な限り抜歯をしない方向で治療してくれるので、まずは親知らずの痛みの原因をきちんと調べてもらいましょう。

妊娠中だけど、どうしても親知らずが痛くて仕方がない時は…

緊急処置ではどうしようもない場合は、妊娠中でも親知らずを抜歯することがあります。
その場合、なるべく妊娠初期を避け、安定してくる妊娠5カ月くらいまで待ちます。

局所麻酔で使用する麻酔はごくわずかなうえ、胎児への影響がない麻酔を使用するので心配はありません。
また、レントゲンも、放射線量は妊娠していても気にするほどの影響はありません。
そして、妊婦中でも服用できる薬で痛みや腫れを取っていきます。

親知らずが痛んだとしても、抜歯をする前にとりあえずの応急処置ができるので、なるべくそちらの方向で治療してもらいましょう。
そして、元気な赤ちゃんを産んでから、本格的に親知らずの抜歯を検討するのが良さそうです。

特に、また子供を授かりたいと考えている人は、次に妊娠するまでには親知らずをきちんと抜歯しておくことをオススメします。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-妊娠出産コラム
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.