Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

済生会横浜市東部病院で出産した体験談





出産した病院を教えてください。

病院名:済生会横浜市東部病院
住所:神奈川県横浜市鶴見区下末吉三丁目6番1号
電話番号:045-576-3000
サイト:http://www.tobu.saiseikai.or.jp

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

初めての妊娠でしたが、特につわりが酷いとかもなかったので、順調な妊娠生活でした。
元気な妊婦だったので、妊娠8ヶ月まで働いていました。(飲食サービス業で立ち仕事肉体労働です。)

妊娠7ヶ月頃からお腹が急に出てきて、電車で席を譲られたりしたことがありました。
妊娠後期になっても後期悪阻もなく、妊娠に対して辛い経験や思い出がありません。

つわりが酷かったら仕事も続けていられなかったし、自分もお腹の子も元気で本当に良かったと思います。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

予定日の2日前の夜、ひどい生理痛のような腹痛がありました。
恐らくこれが『前駆陣痛』だったと思います。

もしかしていよいよかも…と覚悟を決めました。(笑)
この日の夜には痛みが大きくなっていたのですが、ここからとてつもなく長く、産まれたのは結局予定日ぴったり。

陣痛から出産まで2日かかりました…。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

予定日の2日前の夜に前駆陣痛が始まりました。
酷い生理痛のような腹痛です。

時間が経つとどんどん痛くなってきて、その日から痛くて寝れなくなりました。

翌朝陣痛が強くなってきたので、間隔を計測し始めました。
主人は仕事に行き、実母が家に来てくれました。

10分間隔になった頃、そろそろ病院に行ったほうがいいかなと思い、病院へ電話。
病院は家から徒歩15分ほどのところにある大きな総合病院です。

近所なことを電話口の看護婦さんに伝えると、「んー近いからもう少しお家で頑張ってみて!」と言われてしまい、家でひたすら陣痛に耐えることに。(笑)

そして夕方、やっと陣痛間隔が5分くらいに!再度電話。すると「もう来ていいよ!」と!やった〜!

近いので歩こうと思ったのですが、実母のアドバイスで陣痛タクシーというサービスを使いタクシーで病院に向かいました。

陣痛室に通され、今日中には産まれそうだね。と看護婦さんたちに言われ、あと3時間くらいか…頑張るぞ!!と気合いを入れました。

が、病院について安心したのか、7分間隔に戻ってしまい、子宮口もまだまだの状態。
もう本格的な陣痛が始まってから20時間以上。

私も陣痛のいきみ逃しが上手くなく、陣痛が来るたびお腹に力が入ってしまい、赤ちゃんの心拍も陣痛のたびに弱くなってしまっていました。

仕事が終わった主人もかけつけてくれて、実母と2人で私を支えてくれました。

時刻は真夜中。
子宮口も開いてきたものの、まだ産める状態ではなく、必死のいきみ逃し。

もう私も赤ちゃんも体力的にもたないかもしれないと、先生が判断。
人口破水させて陣痛促進剤を打ちます。と。

促進剤を打っても子宮口が開ききらなければ、緊急帝王切開になります。と…。

陣痛に耐える私の横で、主人が帝王切開の同意書にサインしていました。
帝王切開の話が出たとたん、陣痛室の空気が重くなったのを覚えています。

人口破水してもらい、促進剤を打ちました。
すぐに感覚もないような、最大級の陣痛がやってきました!
腰を大きなトンカチで何度も何度も豪打されたようなそんな痛みでした。

子宮口もMAXに開いてくれて、「分娩室行こう!」と先生。
やっとGOサインが出た〜!

立ち会い出産だったので、主人も一緒に分娩室へ。
いきみたくていきみたくて仕方がなかった私。

もういきみ逃ししなくていいんだ!
先生と助産師さんの合図に合わせていきむこと3回!

産まれました!!!

分娩室に入って10分もせず!

元気な男の子でした。
一時はどうなることかと思いましたが、無事出産でき夫婦共々安心しました。

出産まで約2日かかり帝王切開になりかけたので、自分の中では難産だったと思います。

辛く苦しい時間がこんな長時間かかっても、今は2人目が欲しくてたまらないです!
また違う出産を経験してみたいです。





このページの先頭へ