出産体験談

広島県福山市小池病院で出産した体験談

更新日:

出産した病院を教えてください。

病院名:小池病院
住所:広島県福山市明治町10-5   
電話番号:084-932-3511
サイト:http://koike-byoin.com/

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

妊娠中はとにかく体重を増やさないようにとかかりつけの産婦人科の担当医師に言われていたので、食事にはかなり神経質になり、甘いものはもちろんカロリーの高い揚げ物系や脂っこいものは極力避けました。

そして、しっかり歩いて体重を増やさないように気を付けようと思い、毎日犬の散歩で2時間くらいあちこち歩き続けていました。

そして、寒い時期~初夏にかけてが妊娠期間だったのでとにかく体を冷やさないようにと思い、首から下、足先までしっかりと重ね着をしていました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

大体、2時間くらいです。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

出産予定日を1週間過ぎても全く出産の気配がなかったので、担当の先生がじゃあ、3日後を誕生日にしましょうと言って、入院の準備をしてくるように言われました。

そして、当日しっかりと出産準備をして病院に入院することになりました。念のため入浴も済ませてから行きました。
ちょうど、病院内では出産を終えられた顔見知りの妊婦さんだった方と偶然会って、想像を超える痛さだったよと聞き、これから自分にどんな事が起きるのか不安でいっぱいでした。

その日の検査ではまだ、出産の兆候がないので、第一段階として、乾燥海藻で子宮を広げるという処置をしました。かなり違和感があり痛かったです。

翌朝も、処置をしたにもかかわらず子宮も思ったより広がってなく、次は風船のような器具で出口を広げるという処置を行い、その後、人工破水をすることになりました。

ここまででも、全く陣痛が起きずにただひたすら待つのみでした。一体、いつまで待つんだろうと思って1時間くらい経った頃でしょうか、突然、便意を感じるようなお腹のはりと痛みを感じ始め(後で聞いたらこれが陣痛だったようです)だんだんとその痛みというか不快感が増してきました。

いざ出産という段階になって、どうも中でひっかかっている感じがあると先生が言われ、急きょその状態でレントゲンを撮ることになり、結果は骨盤にゆがみがあってそこに赤ちゃんが引っかかっているという状態になっていました。

すると今度はお腹を押しながら位置を変えて、それでも出てこないのでちょっとのぞき始めた頭を吸引しながら一方ではお腹を押して押し出すという大掛かりなことになって、大勢の看護師さんや先生たちに囲まれての出産となりました。

そうやってやっと出てきたときには一瞬私も仮死状態、産まれた子供も仮死状態でした。
すぐに処置が行われたため大事には至らず、子供は肩の部分が一本骨にひびが入ってはいましたが元気に産まれました。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-出産体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.