Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

胎児の頭が大きすぎ、吸引分娩→緊急帝王切開になった体験談





出産した病院を教えてください。

病院名:白河厚生病院
住所:福島県白河市豊地上弥治郎2-1   
電話番号:0248(22)2211
サイト:

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

妊娠初期から、つわりが酷く、水さえ受け付けなくて、脱水症状の為、入院していました。

妊娠中期も、つわりがおさまらず、通院して、点滴をしてもらっていました。
家でゴロゴロして、つわりにひたすら耐えました。

妊娠後期になり、やっとつわりがおさまったので、今までの反動で、アクティブに動き回りました。

散歩をたくさんしたり、ベビー用品を買いに行ったり、友達とたくさん遊んだりしました。

やっとマタニティーライフを楽しむ事が出来ました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

37時間です。

4月2日の21時30分に入院して、4月4日の10時30分過ぎに生まれました。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

4月2日の21時に陣痛が10分おきになり、病院に向かいました。

初産だった私は、「明日の朝には産まれるかな?」 と、結構、単純に考えていました。

陣痛室に入り、陣痛の感覚が、だんだんと短くなってきました。

陣痛は痛いというよりは、腰がだるい、重いという感じでした。

一晩中、定期的な陣痛はあったものの、朝になると、陣痛が少し遠のいてしまいました。

4月3日の日中は、定期的に少し強い、お腹の張りがありました。

痛みは感じませんでしたが、とにかく、ずっと気持ちが悪くて、食事は全く受け付けませんでした。

夜になると、また陣痛がついてきました。

入院して丸1日たった21時頃から、腰の、グググッという重い感じが強くなりました。

そして、便意が強くなってきて、ナースコールを何度も押してしまいました。

後になって分かったのですが、これが「いきみたい」という事なのですね。

ナースコールの度に、助産師さんが来て、内診をしていくのですが、子宮口は、3、4センチ。まだまだです。
正直、えー?という感じでした。

強くなる、腰の重い感じと、強くなる便意(いきみたい気持ち)で、とてもとても長い夜でした。

4月4日、窓の外が、うっすらと明るくなってきた、5時頃。

子宮口が8センチになりました。
破水があったものの、部分破水?だったようで、うまく破水できていないので、人工的に破水させる事になりました。

やっとやっと憧れの分娩台です。

5時。分娩台に乗り、点滴やモニターなど、いろいろな物を取り付けられました。

赤ちゃんの心拍数のモニターもあり、助産師さんから、

「140より下がると、赤ちゃんも苦しいから、深呼吸してね。」と言われました。
子宮口も全開になり、いきみはじめました。

私は赤ちゃんの心拍数ばかり気にしていました。

何度も何度もいきみました。

多分、私はすごい顔をしていたんでしょう。
立ち会いの夫の顔が真っ青でした。

私が夫に、「大丈夫?」と聞くと、助産師さんに「奥さんが旦那さんに大丈夫?と聞くのは、あなたが初めてよ」と笑われました。

ここまで私は、不思議と痛みを感じず、「普段の生理痛の方がよっぽど酷い!」と重いました。

分娩室に入って、結構時間が経ち、何度もいきんでいるのに、赤ちゃんが出てくる感覚が全く感じられません。

そのうちに、助産師さんがお腹を押し始め、うろ覚えですが、産科の先生も来て分娩台に乗り、私のお腹を、すごい力で押し始めました。

えっ?赤ちゃんつぶれない?大丈夫?
初めての出来事なので、衝撃的でした。

頭は見えているものの、それでも赤ちゃんは出てこないようです。
すると更に衝撃的な物が出てきました。

吸引器です。

とてもゴツい器械で、ええーーー?!それ入れるの?!それで赤ちゃん引っ張るの???
そんな感じでした。

されるがままに、何度かチャレンジしましたが、赤ちゃんはまだ産まれません。

10時。分娩台に乗って、5時間。
私の、体力も気持ちも結構、限界でした。

赤ちゃんの、心拍数も下がってきたため、緊急帝王切開となり、10時30分過ぎに、無事に我が子が誕生しました。

先生から後日、聞いたのですが我が子は頭が大きく、どう頑張っても、私の骨盤の大きさでは無理だったようです。
だったら、最初から帝王切開にしてよー!

と思ったのですが、今となっては良い思い出です。





このページの先頭へ