高齢出産による無痛分娩のリスクはある?





Unknown

晩婚化が進む現代では、初産の年齢はどんどん高齢化しています。
初めての出産が30歳を超えているケースは珍しくなくなり、
初めてのお産が40歳以上のケースを高齢出産といいます。

高齢出産は、リスクが高くなることが問題になりますが、
そのリスクを軽減できる方法もいくつかあるのです。

分娩の際のリスクを軽減する方法として、
高齢出産の方には無痛分娩をすすめる医師がいます。

無痛分娩をして高齢出産の方はリスクがないのでしょうか?

高齢出産で無痛分娩を選択するリスク

初めての出産は、子宮口が開きにくいので、
陣痛の時間が長くなることがあります。

24時間以上もの強い陣痛に耐えなければいけないことも
珍しくはないことなんです。

そうなると、やはり高齢の方は体力を消耗します。
そのため、分娩が長引いてしまう恐れがあります。
分娩に時間がかかると、赤ちゃんに大きな負担がかかります。

陣痛の時間にリラックスして過ごせるように
無痛分娩を選択することは、リスクよりもメリットが大きくなります。

無痛分娩で高齢出産をした人たちの意見は?

計画的に無痛分娩で出産した場合じゃなく、
自然分娩が途中で無痛分娩に切り替わることがあります。

高齢で出産した人にあり得るケースです。
陣痛というのはどれほどの痛みか、そしてどれほど続くか、
その時にならないとわかりません。

出産の時にあらゆるケースを考えて、
無痛分娩へに切り替えが可能な病院を選んでおくことで
高齢出産のリスクを最小限できるのではないかと思います。

晩婚化が進む世の中なので、高齢で出産するケースは多いのですから
対策をしている医療機関が沢山あるのは心強いことですね。





このページの先頭へ