Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

愛育病院で計画無痛分娩した口コミ体験談





無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:愛育病院
住所:神奈川県大和市南林間2-14-13   
電話番号:046-274-0077
サイト:http://www.aiiku-hos.or.jp

無痛分娩出産やソフロロジー出産を選ばれた理由は何ですか?

第1子を普通分娩で出産しましたが、そのときの陣痛の痛みが忘れられず、次は絶対無痛で分娩しようと決めていました。また、愛育病院は計画分娩ができるので、主人の仕事のスケジュールや上の子を預ける予定なども計画的にできることも非常に魅力的でした。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

計画分娩なので、朝8時頃、陣痛促進剤を点滴で打ち、その後30分くらいで陣痛が来ました。
無痛なので、最初は痛みはありませんが、赤ちゃんの心拍が上がること、お腹が張ることで陣痛が来たことがわかるという具合です。
その後、陣痛の間隔が徐々に短くなり、12時過ぎに出産しました。

促進剤から出産までは4時間弱でした。

無痛分娩またはソフロロジー出産の費用を教えてください。

70万円

無痛分娩またはソフロロジー出産の体験談をお聞かせ下さい。

愛育病院の無痛分娩は計画分娩をすることができます。
胎児の発育状況を見て、陣痛が来る前の38週を目処に出産日を決め、入院予約をします。

出産予定日の前日の午後に入院し、診察。このときに子宮口の開き具合を確認します。
私の場合は2人目ということもあったのか、すでに少し子宮口が開いていたようで、先生からも「余裕だね」とのお墨付きをいただき、とてもほっとしました。

それでも、明日産むのだという不安と興奮のせいなのか、結局夜は一睡もすることができませんでした。
今でも、そのときにベッドで見たニュースの内容などを思い出すことができます。

翌日朝6時半に看護婦さんに浣腸してもらい、トイレへ。すべて出してから、分娩室に行きます。
当日、分娩予定の方は10人くらいいたと思いますが、子宮口の開き具合から判断するようで、私は最初から分娩台に案内されました。

そこで麻酔の注射を横になってエビのような形になってしてもらいます。
これがとても痛いと聞いていたので、恐怖だったのですが、覚悟していたせいか、それほど激痛というわけではなく、なんなく終了しました。

その後は陣痛促進剤を点滴で入れて、順調に陣痛がやってきました。
最初の陣痛は全く痛みはありません。おなかが張るのと、赤ちゃんの心拍があがるので、「あっ、いま陣痛来てるんだ」とわかるくらいです。

徐々に陣痛の間隔が短くなるにつれて、痛みも出てきました。
私は、全くの無痛だと思っていたので、少し裏切られた、と思いましたが、どんなに痛くても、ひどい生理痛程度です。
普通分娩の痛みに比べたら、痛みなどないにも等しいくらいのものでした。

どうも出産が早そうだということで、立会いをしていた夫は、早めにお昼ご飯に行くようにと看護婦さんから言われ、11時過ぎにお昼休憩に行きました。
しかしその後すぐに、いよいよ、ということになり、お昼ご飯の途中に携帯電話で呼び戻されてしまいました。

「少し練習でいきんでみましょう」と看護婦さんに言われ、いきんだところ、赤ちゃんが出てきそうになったようで、看護婦さんも焦って、すぐに赤ちゃんを取り上げる準備を始め、先生も呼ばれました。

いよいよ本番です。
おそらく5回程度のいきみで、感覚的には「するっと」赤ちゃんが出てきました。
その後、会陰部の縫合をし(これも無痛で全く痛みはありません)、終了です。

体力的にも精神的にも余裕の状態で出産できたので、産後の復帰も早く、私にとっては、非常にいい選択だったと思っています。





このページの先頭へ