無痛分娩の体験談

岡山市ペリネイト母と子の病院で無痛分娩した体験談

更新日:

無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:ペリネイト母と子の病院
住所:岡山市中区倉益203-1   
電話番号:086-276-8811
サイト:http://www.perineito.com

無痛分娩出産を選ばれた理由は何ですか?

姉の出産に立ち会いました。
もちろん始めて目にする光景で、姉のあまりの痛がり様に立ち尽くしてしまいました。

あの尋常ではない痛がり方を見て以来、自分が妊娠して出産するときは絶対無痛分娩にすると決めていました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

17時間かかりました。

無痛分娩の費用を教えてください。

無痛分娩自体は7万円程度で、時間外料金が2万円程度だったとおもいます。

無痛分娩の体験談をお聞かせ下さい。

朝から1〜2時間おきに痛かったお腹が10分間隔の陣痛になったのは、夜10時頃です。

陣痛が10分間隔になってもまだ麻酔の注射はしてもらえません。
あまり早くに麻酔をして陣痛がなくなってはいけないという理由がひとつ。

もうひとつの理由は、出てくるまでの時間が長くなるとそれだけ麻酔の数が増え、いざ出産というときに麻酔が効かなくなる恐れがある、とのことでした。

私は陣痛が6分間隔になるまで待って麻酔を打ってもらいました。

夜の10時から10分間隔になった陣痛が朝方4時に6分間隔に。

麻酔(腰椎)を打ってもらうまでは痛みに身悶えていました。
朝の4時にもかかわらず、一睡もできない程です。

それが麻酔を打ってもらった途端、痛みが全くなくなりました。
痛みが消えると眠くなってきてウトウトしました。

朝8時頃におしっこが漏れたような感覚があり、恥ずかしながら看護師さんに「あのー、おしっこが漏れたんじゃないかと思うんですけど…。」と言うと、「破水ですね。」と言われました。
なので、陣痛の痛みは消えたのに、感覚はそのままだということがわかります。

抗菌剤の点滴を打ってもらって、またそのまま寝てしまいました。
その間にも麻酔の効き目が途絶えないよう何時間かおきに麻酔の注射をしてくれます。

午後3時半、熟睡していた私は看護師さんに起こされ、「そろそろ産みましょうか」と言われました。(普通の分娩では考えられないですよね。)

そして何度かいきんで出産しました。
出てきている感覚はありますが、痛みは全くありません。
直前まで寝ていたため身体もとても楽です。

お母さんが変に力を入れないので、赤ちゃんも楽だといいます。

産後も治りが早いですし、料金的にも身体にかかる負担をあそこまで取り除けて10万円程度なら安いものです。
産前の不安もないですしね。
本当に良いことだらけです。

周囲の人たちには、痛みを経験しなければ子どもを愛せないのではとか、母として失格とか心ないことを言われたりもしましたが、私は子どもを心から愛していますし、子どもも私を心から愛してくれています。
産後は普通分娩されたお母さんと全く同じです。

無痛分娩を検討されているお母さんには本当におすすめします。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.