和痛分娩の時の筋肉注射の痛みは?





images

和痛分娩は、カテーテルで麻酔薬を注入する無痛分娩よりも
陣痛のピークを麻酔の注射で和らげる方法を用いる病院が多いです。

無痛分娩のように、麻酔専門医による処置が必要にならないので
出産をする病院選びに苦労することも少なくなります。

そのため、和痛分娩を選びたいと考えている方も
とても増えているようです。

一方、和痛分娩の時に筋肉注射をするのが
とても痛いらしいので、不安に思っているという声もちらほら聞かれます。

この和痛分娩の筋肉注射の痛みについて説明します。

和痛分娩の時の筋肉注射の痛みはどれくらい?

陣痛のピークの時に痛みを和らげるためには、
筋肉注射をして筋肉を和らげる方法があります。

背中に打つ筋肉注射の痛みが気になる方は安心してください。

陣痛のピーク時には、筋肉注射の痛みなんて
ほとんど感じないというのが、概ねの意見です。

麻酔が効くまでの時間は人によって差がありますが、
15分から30分くらいで効いてくるようです。

和痛分娩では陣痛のピークまでは筋肉注射はしない?

陣痛を和らげるための筋肉注射を打つタイミングは
病院によって様々です。

子宮口がある程度開くまで、陣痛が強くなってからなど、
そのタイミングは医師の判断です。

陣痛の痛みに不安がある人は、事前に相談しておきましょう。
筋肉注射がコワいという人は、この方法よりも麻酔ガスを使った
和痛分娩の方が安心なのかも知れません。

陣痛の痛みが少し和らげたい方には、良い方法ですが、
麻酔薬を使用するのでリスクはゼロではありません。
そこは確認しておきましょう。

無痛分娩と比べて、ハードルが低く感じている方もいるようですが、
病院によっては無痛分娩と和痛分娩を区別していない場合もあるので
どのような方法で痛みを取るのかがポイントです。





このページの先頭へ