Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

ハワイのカピオラニ病院で無痛分娩出産した体験談





無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:カピオラニ メディカル センター フォー ウィメン & チルドレン(ハワイ)
住所: 1319 Punahou St, Honolulu, HI 96826  
電話番号:808-983-6000
サイト:https://www.hawaiipacifichealth.org/kapiolani/

無痛分娩またはソフロロジー出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は小さい頃から出産は痛いものだと教えられて育ちました。

そのため、出産に強い恐怖心を抱いており、出産する時は必ず無痛分娩でと心に決めていました。

病院にもバースプランと言って、自分がどのような出産を望んでいるかをまとめた情報を渡していました。

無痛分娩の薬をすぐに打ってもらいたい、出産は主人が立ち会うこと、赤ちゃんが生まれたらカンガルーケアをしたいことなどを
まとめて提出していました。

そしてその時がきました。

自宅にいるときに陣痛が来て、主人を呼び、痛みに耐えながら病院へ行きました。

陣痛の痛みを訴えて、お願いしていた通り、エピドロー(無痛分娩の薬)をすぐに打って欲しいとお願いしましたが、
まずは子宮口の開き具合を調べてからということになりました。

結局、子宮口はあまり開いていないので、一旦家に帰るか、廊下を1時間歩くように言われました。
とても痛いのに、心が折れそうでした。

主人につかまり、手すりにつかまり、陣痛の波に耐えながら45分ほど歩きましたが、これ以上歩いたら崩れ落ちるほど痛いと訴え、もう歩かないときっぱり伝え、ベットに寝かせてもらいました。

その後も子宮口の検査、点滴の準備、処置室への移動などで、なかなかエピドローを打ってもらえませんでした。
処置室へ移動してから、看護婦さんから説明がありました。

エピドローを打つには、まず血液検査をしてからだと。。。
もう早く血を取ってくれとばかりに、腕を出し血液採取。

それから陣痛を戦いながら、45分ぐらい待ちました。
そしてエピドロー担当者の登場! この方がお見えになった時は、本当に神々しく神様のように見えました。

打ってもらって5秒も経たないうちにさっきの痛みはどこに行ってしまったのか?
全く痛みはなくなり、さっきまで大騒ぎしていたのが嘘のようで、笑顔で主人と会話を楽しみました。

主人も安心した様子でした。

結局子宮が開くのにとても時間がかかり、6時間ほどベッドで寝て過ごしましたが、その間、痛みは全くなかったです。

出産時は、エピドローが切れかけていたのか、それとも出産時の圧力で痛みを感じたのか分からないのですが、痛かったです。
イキむまでの6時間をエピドローで無痛にできてよかったです。

エピドローなしの6時間を考えると本当に恐怖です。





このページの先頭へ