和痛分娩を選ぶ2つのメリットとは?





images-1

和痛分娩という出産方法を選ぶことのメリットを考えてみましょう。

出産に痛みはつきもので、その痛みを乗り越えることこそが
人の親になるための試練のように考えている人もいます。

そのような考えを持っている人が間違っているとは断言できませんが、
痛みを乗り越えることが必要だと思っている方の中には
和痛分娩や無痛分娩のメリットをことごとく危険なことだと
表現する人すらいるのも事実です。

しかし、危険性ばかりを強調するような偏った意見に惑わされず、
自分と赤ちゃんにとって、最善の出産方法を考えていきましょう。

例え自然分娩でも、メリットデメリットは必ずあるのですから。

和痛分娩のメリット

陣痛というのは、痛みが波のように押し寄せてきます。
最初はそれほど強い痛みじゃなく、痛みのない時間も長いのですが、
時間の経過とともに、子宮口が開き赤ちゃんが外へ出ようとします。

その痛みがどんどん強くなると、堪えるのに必死になります。
痛みに耐える度に、体力はどんどん消耗してしまいます。

その痛みを取り除くために処置するのが和痛分娩です。

筋肉を和らげるように麻酔薬や鎮痛薬を使用することで、
産道も柔らかくなり、出産時間が短縮するというメリットがあります。

緊張状態が続く分娩よりも、赤ちゃんへの負担は少ないので、
お母さんにも赤ちゃんにも、良い結果になることがあります。

和痛分娩をしたい人の悩みとは?

出産する時は、周囲の意見に左右されることがあります。
一番は旦那さんの意見でしょう。

陣痛を経験しない男性にとって、自然分娩以外の方法は
メリットより危険なことが起こるのでは?と心配するようです。

また、両親や義父母などもそうですね。
年代が違えば、出産に対する感覚も全く違ってきます。

何より重要なのは、出産する本人の考えです。

旦那さんや身内が心配して反対される場合は、
病院に連れて行って、メリットが大きいことも
きちんと説明してもらうようにしましょう。

メリット、デメリットをきちんと説明してもらうことが大切です。

素敵な出産になりますように。





このページの先頭へ