無痛分娩の体験談

神戸市田辺産婦人科で無痛分娩出産した体験談

更新日:

無痛分娩出産をした病院を教えてください。

病院名:田辺産婦人科
住所:兵庫県神戸市灘区森後町3丁目5-30   
電話番号:078-821-0303
サイト:http://www.tanabe-clinic.com/

無痛分娩出産の費用を教えてください。

普通分娩+3万円ほど(8年前)

無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

二人目の出産のときにこちらの病院でお世話になりました。

何故、無痛分娩を選択したかというと、一人目出産の時の痛みが忘れられず、妊娠がわかったときからそのことで、憂鬱になっていたからです。一人目は他院でお世話になりましたが、予定日をかなり過ぎたけれども、なかなか陣痛が起きず、陣痛促進剤を使って出産しました。そのため、通常は徐々に来るはずの陣痛ですが、、急にお腹を蹴っ飛ばされたような痛みに襲われ、わけがわからないままに終わったのでもう、あんな体験はしたくないと思ったからです。

無痛分娩はあらかじめ出産日を決めて行われます。これも私たちにはメリットがありました。というのも、夫が遠方に勤務のため、私の入院中、長子をみてもらわなくてなりません。なので出産がずれ込むとこれができない恐れがあったのです。もちろん、出産に立ち会ってほしいと思う気持ちもありました。

処置ですが、始めに何本か麻酔注射をうってもらいました。
どれもかなり痛かったです。

私は注射とか、抜歯とかは普段から苦手なので冷や汗が出ました。その麻酔が効いてきた頃、背中に大きな針をつけた注射針をもう一本打たれました。

これは出産分娩台の上でもつけっぱなしで点滴袋のようなものとくっついていました。これが本番の麻酔なんだと思います。これも、以前の麻酔が効いていたとは思えないくらい痛かったです。

出産はいきまないといけないので、意識は残したまま、そして、下半身の感覚も完全に麻痺させてしまうそうではないようです。なので、麻酔で無感覚になることはなく、確かに内腿をたたかれても、痛くはなく、でも手があたる感触はありました。

さて、本番の痛みについてですが、確かに、一人目のときよりも、随分楽だったように思いました。特にあの張り裂けるような痛みはなかったという点では楽だったと思います。

しかし、常に背中の針が気になったのと、麻酔注射の痛みを考えるとどっちがよかったのかわかりません。病院の先生方、看護師さんにはとてもよくしていただき、感謝しています。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.