和痛分娩のリスクとは?赤ちゃんは大丈夫?





和痛分娩は自然分娩とは違い、麻酔薬や鎮痛薬を使用するケースが多く、
その薬剤の影響が和痛分娩のリスクとして考えられます。

麻酔や鎮痛剤で過去にトラブルがあった場合の和痛分娩のリスク

Unknown-2

今までに、麻酔によって何かトラブルを起こした経験がある場合は
リスクを避けるために和痛分娩で麻酔を使用しない方が安全です。

鎮痛薬などで副作用を起こした経験のある方も同様です。

和痛分娩の中には、呼吸法やセラピーなどを用いた
安全な方法もあるので、リスクが心配される方は
薬剤を使用しないで痛みを和らげる方法を選びようにしましょう。

和痛分娩による赤ちゃんへのリスク

鎮痛薬の影響によって、出生直後の新生児の呼吸が弱くなることが
あります。

これを防ぐためには、子宮口が10cmに開いたあとは鎮痛薬の止めて
呼吸モニターで様子を観察することです。

必ずしも、呼吸に影響が出るわけではないのですが、
考えられる和痛分娩のリスクとして確認しておきましょう。

他にはこのような和痛分娩のリスクがあることも

鎮痛薬の投与をはじめると、急激な眠気に襲われたり、
おう吐やかゆみなど、薬に反応して起こるトラブルがあります。

このような場合は、薬剤の投与は中止しなければいけません。

自然分娩の心の準備ができていない場合は、
痛みに耐えるのが大変なので、呼吸法などはしっかり勉強して、
急な変更にも動揺しないように準備しておきましょう。

考えられる和痛分娩のリスクをあげてみました。

出産前に医師に相談することで、危険は限りなく少なくできますので、
薬によって起こったトラブルなどがないかどうか、
きちんと説明しておくことが大切です。





このページの先頭へ